安田生命保険[相互会社](読み)やすだせいめいほけん

百科事典マイペディアの解説

安田生命保険[相互会社]【やすだせいめいほけん】

芙蓉系の中堅生命保険会社。1880年若山儀一・安田善次郎等が,非営利的組織の共済五百名社を設立し,日本初の生保事業を開始。1894年共済生命保険(合資)へ改組。1900年,株式会社に改組。1929年安田生命保険に改称。1947年第二会社・光生命保険相互会社として再発足。1952年現社名に改称。企業向け団体保険に強い。1975年業界初の契約転換制度を実施し,生命保険の〈下取り〉として脚光を浴びた。1990年代に入ると一転して厳しい経済状況を迎え,1998年米大手証券会社ペインウェバーとの提携を発表。2004年1月明治生命保険と合併して明治安田生命保険となり,業界3位に浮上した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android