安田生命保険[相互会社](読み)やすだせいめいほけん

百科事典マイペディアの解説

安田生命保険[相互会社]【やすだせいめいほけん】

芙蓉系の中堅生命保険会社。1880年若山儀一・安田善次郎等が,非営利的組織の共済五百名社を設立し,日本初の生保事業を開始。1894年共済生命保険(合資)へ改組。1900年,株式会社に改組。1929年安田生命保険に改称。1947年第二会社・光生命保険相互会社として再発足。1952年現社名に改称。企業向け団体保険に強い。1975年業界初の契約転換制度を実施し,生命保険の〈下取り〉として脚光を浴びた。1990年代に入ると一転して厳しい経済状況を迎え,1998年米大手証券会社ペインウェバーとの提携を発表。2004年1月明治生命保険と合併して明治安田生命保険となり,業界3位に浮上した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android