コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安積山/浅香山 アサカヤマ

2件 の用語解説(安積山/浅香山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あさか‐やま【安積山/浅香山】

福島県郡山市日和田にある山。葛城王(かずらきのおおきみ)と采女(うねめ)との伝説で知られる。同市片平の額取(ひたとり)山とする説もある。[歌枕]
「―影さへ見ゆる山の井の浅き心を吾が思はなくに」〈・三八〇七〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安積山
あさかやま

歌枕(うたまくら)として知られる地名で、福島県中央部の郡山(こおりやま)盆地の日和田(郡山市)にある小丘と比定される。小丘には『万葉集』巻16の「あさか山かげさへみゆる山の井の……」の歌碑がある。旧奥州道中沿いで、近くに山ノ井の清水(しみず)もあったといわれる。芭蕉(ばしょう)もこの地に寄ったが、同行の曽良(そら)は、山ノ井はここではなく片平(かたひら)にあると聞かされたという。片平(郡山市)の安積山は額取(ひたいとり)山(1008メートル)で、郡山地方ではこの額取山を安積山とよんでいる。[安田初雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安積山/浅香山の関連キーワードヨークベニマル郡山女子大学大東銀行安積葛城皇子葛城王秦景重ニラク福島放送

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone