コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安積山/浅香山 アサカヤマ

デジタル大辞泉の解説

あさか‐やま【安積山/浅香山】

福島県郡山市日和田にある山。葛城王(かずらきのおおきみ)と采女(うねめ)との伝説で知られる。同市片平の額取(ひたとり)山とする説もある。[歌枕
「―影さへ見ゆる山の井の浅き心を吾が思はなくに」〈・三八〇七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安積山
あさかやま

歌枕(うたまくら)として知られる地名で、福島県中央部の郡山(こおりやま)盆地の日和田(郡山市)にある小丘と比定される。小丘には『万葉集』巻16の「あさか山かげさへみゆる山の井の……」の歌碑がある。旧奥州道中沿いで、近くに山ノ井の清水(しみず)もあったといわれる。芭蕉(ばしょう)もこの地に寄ったが、同行の曽良(そら)は、山ノ井はここではなく片平(かたひら)にあると聞かされたという。片平(郡山市)の安積山は額取(ひたいとり)山(1008メートル)で、郡山地方ではこの額取山を安積山とよんでいる。[安田初雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安積山/浅香山の関連キーワード福島県郡山市日和田町安積の沼・浅香の沼安積山・浅香山手習い詞安積の沼山の井安積沼

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android