コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤一郎 あんどう いちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤一郎 あんどう-いちろう

1907-1972 昭和時代の詩人,英文学者。
明治40年8月10日生まれ。ジョイス,V.ウルフらを紹介する一方,昭和5年第1詩集「思想以前」を刊行,モダニズムの詩人として活躍。戦後,西脇順三郎らと「GALA」を創刊した。母校東京外国語学校でおしえ,27年後身の東京外大教授。日本現代詩人会会長。昭和47年11月23日死去。65歳。東京出身。詩集に「遠い旅」など。
格言など】詩は,やはり人間と人生とを離れることがあってはならない

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安藤一郎
あんどういちろう
(1907―1972)

詩人。英文学者。東京・芝佐久間町に生まれる。東京外国語学校英語科卒業。シェリー、キーツ、ブレークをはじめ英米詩人に通ずる。詩は『太平洋詩人』『日本詩人』などへの寄稿に始まる。第二次世界大戦後は『現代詩』『GALA』などによった。『思想以前』(1930)、『ポジション』(1951)、『経験』(1958)などの詩集がある。知性と感性の調和した穏健な人生詩を展開した。[安藤靖彦]
『『現代詩鑑賞講座9』(1969・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安藤一郎の関連キーワードマンスフィールド(Katherine Mansfield)園遊会(マンスフィールドの短編小説集)クリスマス・キャロルサンドバーグ安藤 美紀夫ダブリン市民8月10日シカゴ詩集モダニズムフロスト原 一郎倒産

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安藤一郎の関連情報