コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安食荘 あじきのしょう

百科事典マイペディアの解説

安食荘【あじきのしょう】

尾張国春部(かすがべ)郡の荘園で,《和名類聚抄(わみょうるいじゅうしょう)》に載る同郡安食郷内に成立した。荘域は庄内(しょうない)川・矢田(やだ)川の合流点より上流域を主要部とし,現在の名古屋市北区,愛知県春日井(かすがい)市南西部,西春日井郡南東部一帯にあたる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あじきのしょう【安食荘】

尾張国春部(かすかべ)郡安食郷(現,愛知県春日井市南西部,西春日井郡南東部,名古屋市北区)内の荘園。914年(延喜14)統正王が京都醍醐寺に施入したことに始まる。その後収公されたが,1143年(康治2)もとのごとく醍醐寺領とされ,以来三宝院領。田地160余町,畠地120余町を含む680余町。在家70宇。東は柏井荘,西は味鏡(あじま)郷・高田保と隣接。美絹町別1疋,菓子,酒等を負担。承久の乱後改補された地頭押妨に対し,1281年(弘安4)開発相伝領主毛受(めんじよう)袈裟鶴丸(能実,道観)を預所とし,年貢200貫文を請け負わせた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

安食荘の関連キーワード相論/争論条里制等持院承久

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android