安食荘(読み)あじきのしょう

百科事典マイペディアの解説

安食荘【あじきのしょう】

尾張国春部(かすがべ)郡の荘園で,《和名類聚抄(わみょうるいじゅうしょう)》に載る同郡安食郷内に成立した。荘域は庄内(しょうない)川・矢田(やだ)川の合流点より上流域を主要部とし,現在の名古屋市北区,愛知県春日井(かすがい)市南西部,西春日井郡南東部一帯にあたる。914年統正(むねまさ)王が京都醍醐(だいご)寺に施入して立荘された。その後収公されたが,1143年前関白藤忠実により醍醐寺領に復され,修理料ならびに灌頂(かんじょう)院の布施料などにあてられた。その後再び収公されたが,1188年後白河法皇によって寺領に復され,以後醍醐寺三宝(さんぼう)院領として相伝された。四至内の主要部分は条里制の施行地域で,680余町(うち田地160余町・畠地120余町)からなり,在家(ざいけ)70宇。承久の乱後改補された地頭(じとう)の押妨に対し,寺家は1281年開発相伝領主である光弘・五郎丸名主の毛受(めんじょう)袈裟鶴丸(能実・道観)を預所(あずかりどころ)とし,年貢200貫文を請け負わせた。袈裟鶴丸は預所職を建武政権下においても安堵されたが,その間五郎丸・光弘両名主職をめぐる地頭代との相論,前公文国政や高田(たかだ)保(現愛知県北名古屋市)地頭らの押領等があった。14世紀初めころ東西に分かれた。1340年福徳(ふくとく)名について醍醐寺成身(じょうしん)院と相論,1427年には春日部原をめぐって等持(とうじ)院(現京都市北区)領柏井(かしわい)荘(現春日井市)と境相論があった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あじきのしょう【安食荘】

尾張国春部(かすかべ)郡安食郷(現,愛知県春日井市南西部,西春日井郡南東部,名古屋市北区)内の荘園。914年(延喜14)統正王が京都醍醐寺に施入したことに始まる。その後収公されたが,1143年(康治2)もとのごとく醍醐寺領とされ,以来三宝院領。田地160余町,畠地120余町を含む680余町。在家70宇。東は柏井荘,西は味鏡(あじま)郷・高田保と隣接。美絹町別1疋,菓子,酒等を負担。承久の乱後改補された地頭の押妨に対し,1281年(弘安4)開発相伝領主毛受(めんじよう)袈裟鶴丸(能実,道観)を預所とし,年貢200貫文を請け負わせた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android