コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宍野半 ししのなかば

4件 の用語解説(宍野半の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宍野半
ししのなかば

[生]弘化1(1844).薩摩
[没]1884.5.12.
江戸時代末期の神道家。幼名は半左衛門,半之進,のち半と改めた。平田銕胤 (かねたね) に神道を学び,代々郷士の家で薩摩の復古神道に属する。明治5 (1872) 年教部省の出仕となった。富士一山講社を組織し,翌年浅間神社の宮司となり,吉田,須走などの神社祠官を兼ね,富士信仰の復興に努力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宍野半 ししの-なかば

1844-1884 明治時代の神道家。
天保(てんぽう)15年9月9日生まれ。平田銕胤(かねたね)にまなぶ。明治5年教部省に出仕。翌年職を辞し,静岡県浅間(せんげん)神社の宮司となる。各地の富士講の結集をはかり,同年,富士一山講社を組織。8年丸山講を傘下にいれて扶桑教会を設立。15年教派神道として独立し扶桑教と改称,初代管長。明治17年5月13日死去。41歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

宍野半

没年:明治17.5.13(1884)
生年:弘化1.9.9(1844.10.20)
幕末明治期の神道家,扶桑教の創立者。薩摩国隈之城(鹿児島県川内市)の郷士の家に生まれる。青年時代に平田銕胤の門人となり,国学,神道を学ぶ。維新後,明治5(1872)年に教部省に仕える。翌年教部省を辞め,静岡県浅間神社の宮司となる。近辺の神社の祠官を兼務しながら,各地に散在する富士講の結集を図る。同年富士一山講社設立運動をおこし,富士の廃仏毀釈を図る。富士各所の名前を神道色に変える。明治8年に,丸山講の伊藤六郎兵衛をひきいれて,扶桑教会を設立。15年には,これを扶桑教として一派独立させる。皇典講究所創立にも尽力。

(井上順孝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宍野半
ししのなかば
(1844―1884)

幕末・明治前期の宗教家。扶桑(ふそう)教の創立者。薩摩(さつま)国(鹿児島県)の郷士の子として生まれる。青年時代に国学者平田鉄胤(かねたね)の門人となった。明治維新後、1872年(明治5)に教部省に仕えたが、翌年これを辞め、静岡浅間(せんげん)神社の宮司となり、また近辺のいくつかの神社の祠官(しかん)も兼務しながら、各地に散在する富士講の結集を図った。同年富士一山講社を設立し、75年にはこれを神道事務局所属の扶桑教会とし、さらに82年には扶桑教として一派独立させた。扶桑教の初代管長に就任してまもなく没したが、管長職は世襲されている。[井上順孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宍野半の関連キーワード佐野経彦卜部兼倶新田邦光平山省斎扶桑教青木幸躬忌部坦斎下山応助中西牛郎村越鉄善

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone