コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須走 すばしり

5件 の用語解説(須走の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須走
すばしり

静岡県北東端,小山町の集落。旧村名。 1956年小山町に編入。籠坂峠 (1100m) の南斜面にあり,富士登山口の1つ。須走浅間神社の門前町として栄えた。広大な高冷地の高原の大部分は東富士演習場で,陸上自衛隊富士学校がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すばしり【須走】

静岡県駿東郡小山町の大字名。富士山麓の山林地帯に位置し,北は山梨県境,南は御殿場市に接する。中世は藍沢荘に属する。須走の地名は戦国期に見られ,洲走とも書く。須走の語意について《駿河記》は〈直走(すくはしり)の訓略〉と説明している。中世末,富士信仰が盛んとなり,道者の登山が行われるとともに,当村が甲斐に通ずる交通要地となり,1563年(永禄6)と翌年の葛山氏元印判状等に〈須走口過之事〉〈道者関之事〉とあり,関所が設けられ,通行税を徴収していたことがわかる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すばしり【須走】

静岡県小山町須走から富士山頂に至る、富士山東側の登山口。下山のとき、急傾斜の砂地を走り下りるのでこの名がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須走
すばしり

静岡県駿東(すんとう)郡小山(おやま)町西端部の地区。旧須走村。標高約800メートルに位置し、富士登山口(富士東口登山道、須走口)の起点。須走浅間(せんげん)神社は須走口の本宮である。国道138号、東富士五湖道路が通じる。JR御殿場駅から須走口五合目までバスが通じる。近年、観光開発が著しく、多数のゴルフ場、温泉をはじめプール、テニスコートを備えたレジャー施設がある。陸上自衛隊富士学校、東富士演習場があり、地区人口の約4分の1を自衛隊員が占める。[川崎文昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の須走の言及

【小山[町]】より

…町の中央部を占める北郷地区は米作を主体とする農業地帯であるが,近年はゴルフ場,霊園などの開発が進み,富士スピードウェーも設置された。北西部の須走は富士山東口登山道の入口で,浅間神社がある。かつては駿河国から籠坂峠をこえて甲斐国に至る交通の要衝で,戦国時代には関所が設けられていた。…

※「須走」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

須走の関連情報