コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝永通宝 ほうえいつうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宝永通宝
ほうえいつうほう

江戸幕府が宝永5 (1708) 年京七条の銭座鋳造させた十文銅銭。銅銭不足の解消,貨幣流通の円滑化を目的として発行されたが,大銭俗称される大型のため評判が悪く,翌6年1月に通用が停止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうえい‐つうほう【宝永通宝】

江戸幕府が、宝永5年(1708)から翌年にかけて発行した銅貨。1枚が並銭10文相当とされたため十文銭といわれ、また、大型であったため大銭ともよばれた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうえいつうほう【宝永通宝】

1708年(宝永5)1月京都七条の銭座で鋳造・発行された銭貨で,大型の10文通用の銅貨。この鋳造は京都の糸割符仲間年寄の長崎屋忠七,菱屋五兵衛,鮫屋三郎右衛門,清水宗仙が請け負い,この銅貨には〈永久世用〉という文言が鋳出されている。宝永期には幣制の混乱がはなはだしく,銅貨が払底し,そのため両替屋らは不当な利益を得る状態となっていたので,江戸幕府は宝永通宝の鋳造を命じた。ところが,10文通用の大銭に人々は不慣れであり,世評はよくなかったので,翌年1月にはその通用を停止した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうえいつうほう【宝永通宝】

江戸幕府が1708年に鋳造発行した一〇文銅銭。翌年1月通用停止。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

宝永通宝の関連キーワード江戸時代(年表)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android