コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭座 ぜにざ

6件 の用語解説(銭座の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銭座
ぜにざ

鋳銭座ともいう。江戸時代,銭貨を鋳造発行した機関。寛永 13 (1636) 年幕府は銀座年寄秋田宗古に命じて江戸の芝と近江の坂本に鋳銭座を設け寛永通宝を鋳造した。その後各地に銭座が設けられたが,不正や銭貨の下落により明和2 (1765) 年金座の後藤庄三郎 (→後藤光次 ) 以外の者が鋳銭することを禁じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜに‐ざ【銭座】

江戸時代、幕府から銭貨の鋳造・発行を任された機関。公許を得た有力町人などが運上を納入して請け負った。寛永13年(1636)江戸のと近江(おうみ)の坂本に創設、以後各地に設けられたが、のち金座銀座による鋳銭のみに限定。鋳銭座。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

銭座【ぜにざ】

鋳銭座とも。江戸時代の銭貨の鋳造・発行所。幕府が1636年(寛永13年)寛永通宝の鋳造に際し,銀座年寄秋田宗古(あきたそうこ)に命じ江戸と近江(おうみ)坂本に銭座を創設したのに始まる。
→関連項目寛永通宝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぜにざ【銭座】

江戸時代の銭貨鋳造所。江戸幕府は1636年(寛永13),それまで幕府鋳造の金銀貨と並んで流通させていた鐚銭(びたせん)に代えて,新規の銭を鋳造させることとなり,老中土井利勝を総督に,江戸の芝網縄手ならびに近江坂本に銭座を設けて,新銭を鋳造した。これが寛永通宝であり,最初の銭座であった。ただし幕府による直営方式であって,銭座の仕法については,銀座人秋田宗古らに命じてこれを差配せしめたと思われる。また,実際の鋳造には,前代以来鋳銭に由緒のある鳴海兵庫らを銭座の頭衆とし,銭鋳(ぜにい)の者は,賃銀を支払い長門その他の諸国から雇っての鋳銭であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぜにざ【銭座】

江戸時代の銭貨鋳造・発行機関。1636年、江戸芝と近江坂本に創設、以後各地に設置されたが、多く安永(1772~1780)期に廃止された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銭座
ぜにざ

江戸時代、幕府から銭貨(せんか)の鋳造・発行を任された機関で、1636年(寛永13)江戸・芝浜手(しばはまて)および近江(おうみ)・坂本で設けられたものを初めとする。鋳銭(ちゅうせん)座ともいう。金座、銀座のように常設でなく、鋳銭が必要なつど公募し、鋳造額と期間を定めて請け負わせるのを原則とした。請負人は幕府御用商人、銅座経営者のほか地方町人も多く、その地域は、秋田、仙台、水戸、佐渡、甲州、松本、駿府(すんぷ)、紀州、京、大坂、備前(びぜん)、長門(ながと)、豊後(ぶんご)など全国にわたった。しかし、国内産銅の減退と、元文(げんぶん)(1736~41)以降新たに鉄銭が鋳造され、銭相場が低落するに伴い、鋳銭統制が厳しくなり、銭座の民間請負をやめ、金、銀座兼帯とし、1765年(明和2)そのもとで鋳銭定座や真鍮(しんちゅう)銭座が設立された。[岩橋 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の銭座の言及

【貨幣】より

…安土桃山時代には豊臣秀吉が各種の金銀貨を鋳造し,これを軍資金とした。 江戸時代には徳川家康が1601年(慶長6)に幣制を統一し,金座銀座銭座を設けて金銀銭貨を鋳造し,この三貨を全国通用の正貨とした。金貨には大判(10両)・5両判・小判(1両)・2分金・1分金・2朱金・1朱金があり,銀貨には秤量貨幣の丁銀豆板銀(小玉銀・小粒銀)のほか,定位銀貨として5匁銀・1分銀・2朱銀・1朱銀が造られた。…

※「銭座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

銭座の関連キーワード寛永通宝銀座天保通宝宝永通宝連歌始め勤皇末吉長五郎鳴海兵庫慶長通宝元和通宝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

銭座の関連情報