実働時間(読み)じつどうじかん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実働時間
じつどうじかん

実労働時間の略語。労働者が拘束されている時間のうち、休憩時間を除いた時間をいう。たとえば、午前8時始業、午後5時終業で、午後0時から1時までが休憩時間の場合、拘束時間は9時間、実働時間は8時間ということになる。したがって、労働基準法(昭和22年法律49号)でいう労働時間もこの実働時間をさしている。これには、実際に労働している時間や手待ちの時間以外にも、作業の準備や後かたづけの時間、作業に必要なミーティングの時間なども含まれる。しかし、最近では、作業に必要な準備や後かたづけの時間が、始業時間前や終業時間後に押しやられ、実質的に実働時間の延長が図られる傾向が強い。

[湯浅良雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じつどう‐じかん【実働時間】

〘名〙 実際に仕事に従事して働く時間。特に労働者が勤務のために拘束されている時間のうち、食事、休憩などの時間を除いた時間をいう。実労働時間。実働。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android