コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実験小説論 じっけんしょうせつろんLe Roman expérimental

2件 の用語解説(実験小説論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実験小説論
じっけんしょうせつろん
Le Roman expérimental

フランスの小説家エミール・ゾラ自然主義小説論。 1879年雑誌に発表,他の評論と合せて 80年刊。 C.ベルナールの『実験医学序説』 (1865) に拠り,ある遺伝と環境を実験的に設定し,そのなかで人間がいかに行動するかを科学的に叙述することを主張した自然主義のマニフェスト

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じっけんしょうせつろん〔ジツケンセウセツロン〕【実験小説論】

《原題、〈フランスLe Roman expérimentalゾラによる文学論。1880年刊行。自然主義文学理論をいち早く提示したもので、ベルナールの「実験医学研究序説」やテーヌ決定論に影響を受けている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone