宣ぶ(読み)ノタブ

デジタル大辞泉の解説

のた・ぶ【宣ぶ】

[動バ四]《動詞「の(宣)る」に「た(賜)ぶ」の付いた「のりたぶ」の音変化》「言う」の尊敬語。おっしゃる。
「雨は降る去ねとは―・ぶ笠は無し」〈梁塵秘抄・二〉

のとう・ぶ〔のたうぶ〕【宣ぶ/×曰ぶ】

[動バ四]《動詞「の(宣)る」に「とう(賜)ぶ」の付いた「のりとうぶ」の音変化。一説に、「のたまう」「のたぶ」の音変化とも》
言う」の尊敬語。「のたまう」に比べ、敬意は低い。おっしゃる。
「去年(こぞ)より、いとせちに―・ぶことのあるを」〈かげろふ・下〉
勅撰集詞書など、尊者に対するあらたまった場面で自己側の動作として用いる)言ってやります。
「思ふ人侍りける女に、物―・びけれど」〈後撰・恋一・詞書〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のたぶ【宣ぶ】

( 動四 )
〔「のりたぶ」の転〕
おっしゃる。 「ぬしの-・ぶ事も/大鏡 道長

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android