コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣ふ/曰ふ ノタマウ

デジタル大辞泉の解説

のたま・う〔のたまふ〕【宣ふ/×曰ふ】

[動ハ四]《動詞「の(宣)る」に「たま(給)う」の付いた「のりたまう」の音変化で、本来は、上位が下位に告げ知らせるの意》
言う」の尊敬語。おっしゃる。
「何くれと、いとあはれに多く―・ひて」〈かげろふ・中〉
(尊者に対し、かしこまりあらたまった会話で自己側の動作として用いる)自分の部下や身内に言って聞かせる。申し聞かせます。
「立ちぬる月にも、おもとの御こと(娘ニ)―・ひ語らはむとて」〈宇津保・俊蔭〉
[補説]現代語では、尊敬語としてではなく、からかい半分のふざけた言い方として、「いかにも、もっともらしく言う」「大きな態度で言う」などの意に用いることがある。「そんなわかりきったことはのたまうな」「おそく帰宅して、食事はないかなどとのたまう」

のたも・う〔のたまふ〕【宣ふ/×曰ふ】

[動ハ四]のたまう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のたもう【宣ふ】

( 動四 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宣ふ/曰ふの関連キーワード付く・附く・憑く・点く我入道・和入道面つれなし由由しい詛はしげ思ひ砕く際猛し煩い日嗣腐す家部養い

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android