コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣ふ/曰ふ ノタマウ

デジタル大辞泉の解説

のたま・う〔のたまふ〕【宣ふ/×曰ふ】

[動ハ四]《動詞「の(宣)る」に「たま(給)う」の付いた「のりたまう」の音変化で、本来は、上位が下位に告げ知らせるの意》
言う」の尊敬語。おっしゃる。
「何くれと、いとあはれに多く―・ひて」〈かげろふ・中〉
(尊者に対し、かしこまりあらたまった会話で自己側の動作として用いる)自分の部下や身内に言って聞かせる。申し聞かせます。
「立ちぬる月にも、おもとの御こと(娘ニ)―・ひ語らはむとて」〈宇津保・俊蔭〉
[補説]現代語では、尊敬語としてではなく、からかい半分のふざけた言い方として、「いかにも、もっともらしく言う」「大きな態度で言う」などの意に用いることがある。「そんなわかりきったことはのたまうな」「おそく帰宅して、食事はないかなどとのたまう」

のたも・う〔のたまふ〕【宣ふ/×曰ふ】

[動ハ四]のたまう

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のたもう【宣ふ】

( 動四 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone