コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣耀殿 センヨウデン

大辞林 第三版の解説

せんようでん【宣耀殿】

平安京内裏の殿舎の一。麗景殿の北、貞観殿の東にある。女御の居所。 → 内裏

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宣耀殿
せんようでん

「せんにょうでん」とも読む。平安宮内裏(だいり)の殿舎の名。貞観(じょうがん)殿、常寧(じょうねい)殿の東にあり、南北七間、東西二間の母屋(もや)の四面に庇(ひさし)、南に孫庇がある西向きの建物。内親王、女御(にょうご)などの居所とされ、関白などの直盧(じきろ)(内裏での控室)が設けられることもあった。南にある麗景殿と近く、『栄花物語』には、双方の女房が琵琶(びわ)や琴の合奏をした、という話がある。[吉田早苗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宣耀殿の関連キーワード藤原娍子藤原師尹藤原芳子貞観殿髪形女御

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android