コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣言一つ センゲンヒトツ

2件 の用語解説(宣言一つの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんげんひとつ【宣言一つ】

有島武郎による評論。大正11年(1922)発表。プロレタリア文学立役者たる第四階級者と、自らの立ち位置の違いに起因する、文学者としての苦悩を吐露したもの。当時の文壇に論争を巻き起こした。この論争には広津和郎、片上伸、河上肇堺利彦などの文学者や思想家たちが加わった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宣言一つ
せんげんひとつ

有島武郎(たけお)の評論。1922年(大正11)1月『改造』に発表。ロシア革命の影響などから当時勃興(ぼっこう)しつつあった労働運動に対して、労働者階級以外の立場にある知識人としての自己の態度を表明する。労働者自身の力が、既存の社会体制を変革しうるのであって、作者のような知識階級は、その変革主体となりえず、結局は支配体制に組み込まれていると説く。この宿命論的な自己規定をめぐって、広津和郎(かずお)、片上伸、堺利彦(さかいとしひこ)、河上肇(はじめ)、室伏高信(むろぶせこうしん)などが反駁(はんばく)し、6か月にわたる論争がおこる。革命と文学、政治と知識人という昭和文学の問題に連なる先駆的文献といえる。[山田俊治]
『平野謙・小田切秀雄・山本健吉編『現代日本文学論争史 上』(1956・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宣言一つの関連キーワード有島生馬有島武郎有島有島記念館『或る女』有島武木田金次郎野村愛正波多野あき子安川定男

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone