コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室根 むろね

2件 の用語解説(室根の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室根
むろね

岩手県南端,一関市南東部の旧村域。宮城県との県境にあり,宮城県気仙沼市の西に位置する。 1955年折壁村,矢越村の2村と大津保村の一部が合体し室根村が成立。 2005年一関市,花泉町,大東町,千厩町,東山町,川崎村の6市町村と合体して一関市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

室根
むろね

岩手県南部、東磐井(ひがしいわい)郡にあった旧村名(室根村(むら))。現在は一関(いちのせき)市の東部を占める地域。1955年(昭和30)折壁(おりかべ)、矢越(やごし)の2村と大津保(おおつぼ)村の津谷川(つやがわ)地区が合併して成立。2005年(平成17)一関市に合併。室根の地名は北東端にそびえる室根山にちなむ。中世は葛西(かさい)氏の支配下にあり、江戸時代は仙台藩領。大部分が北上(きたかみ)高地の丘陵地で、農林業が中心で、とくに葉タバコ栽培が盛ん。かつては養蚕も行われていた。近年、室根高原牧場が開場、酪農の振興が図られている。JR大船渡(おおふなと)線、国道284号が通じる。[金野一]
『『室根村史』(1968・室根村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

室根の関連情報