コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室根 むろね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室根
むろね

岩手県南端,一関市南東部の旧村域。宮城県との県境にあり,宮城県気仙沼市の西に位置する。 1955年折壁村,矢越村の2村と大津保村の一部が合体し室根村が成立。 2005年一関市,花泉町,大東町,千厩町,東山町,川崎村の6市町村と合体して一関市となった。地名は室根神社のある室根山にちなむ。ほとんどが北上高地の丘陵地で,林業開発の拠点施設として林業センターがあり,タバコやシイタケの栽培,酪農が行なわれる。北部の室根山一帯は「ふるさと自然公園国民休養地」に指定。室根高原県立自然公園に属する。「室根神社祭のマツリバ行事」は国の重要無形民俗文化財。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

室根
むろね

岩手県南部、東磐井(ひがしいわい)郡にあった旧村名(室根村(むら))。現在は一関(いちのせき)市の東部を占める地域。1955年(昭和30)折壁(おりかべ)、矢越(やごし)の2村と大津保(おおつぼ)村の津谷川(つやがわ)地区が合併して成立。2005年(平成17)一関市に合併。室根の地名は北東端にそびえる室根山にちなむ。中世は葛西(かさい)氏の支配下にあり、江戸時代は仙台藩領。大部分が北上(きたかみ)高地の丘陵地で、農林業が中心で、とくに葉タバコ栽培が盛ん。かつては養蚕も行われていた。近年、室根高原牧場が開場、酪農の振興が図られている。JR大船渡(おおふなと)線、国道284号が通じる。[金野一]
『『室根村史』(1968・室根村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

室根の関連キーワード岩手県一関市室根町折壁望洋平キャンプ場岩手県一関市室根神社大祭気仙沼街道室根〈村〉一関(市)千厩[町]室根[村]室根小富士花泉[町]畠山重篤磐井富士矢越かぶ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android