コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花泉 はないずみ

4件 の用語解説(花泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花泉
はないずみ

岩手県南端,一関市南部の旧町域。北上川の西岸に位置し,南で宮城県に接する。 1955年永井村,涌津村,油島村,花泉村,老松村,日形村の6村が合体し町制施行。 2005年一関市,大東町,千厩町,東山町,室根村,川崎村の6市町村と合体して一関市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

はないずみ【花泉】

群馬の日本酒。吟醸酒、純米酒、本醸造酒があった。仕込み水は鮎川の伏流水。蔵元の「岡与酒造」は明和3年(1766)創業。現在は廃業。蔵は藤岡市金井にあった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はないずみ【花泉】

岩手県南端、一関市の地名。北上川西岸で、金流川が流れる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花泉
はないずみ

岩手県最南端、西磐井(にしいわい)郡にあった旧町名(花泉町(まち))。現在は一関(いちのせき)市の中南部を占める地域。1955年(昭和30)花泉、永井(ながい)、涌津(わくつ)、油島(ゆしま)、老松(おいまつ)、日形(ひかた)の6村が合併して町制施行。1956年金沢(かざわ)村を編入。2005年(平成17)一関市に合併。JR東北本線、国道342号が通じる。旧町域の中央部の金流(きんりゅう)川、夏川(なつがわ)流域に水田が開け、日形、老松地区を中心に葉タバコ栽培が盛ん。磐井牛の産地としても知られる。金森地区から約5万年前と推定される原始牛ハナイズミモリウシの化石のほか、キンリュウオオツノシカなどの獣骨化石が発掘された。JR油島駅に近い蝦島(えびしま)には淡水貝塚の貝鳥(かいとり)貝塚があり、涌津八幡宮(はちまんぐう)には1268年(文永5)鋳造の国指定重要文化財の鉄五輪塔地輪がある。[金野一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

花泉の関連キーワード岩手県一関市久保岩手県一関市狐禅寺岩手県一関市沢岩手県一関市台町岩手県一関市釣山岩手県一関市真柴岩手県一関市南新町岩手県一関市南ほうりょう岩手県一関市南町岩手県一関市山目

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花泉の関連情報