コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮峠 みやとうげ

2件 の用語解説(宮峠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮峠
みやとうげ

岐阜県北部,高山盆地の南縁で分水界をなす飛騨山地の鞍部にかかる峠。高山市の南部にある。標高 775m。高山と美濃を結ぶ益田街道上にあって,古来交通の要衝をなす。現在は国道 41号線が通る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮峠
みやとうげ

岐阜県高山市の中南部、飛騨(ひだ)地方の分水嶺(ぶんすいれい)の鞍部(あんぶ)にある峠。峠の東側は秩父中・古生層で、西側の濃飛(のうひ)流紋岩と断層で接する。峠の南方斜面は緩やかであるが、北側は急な斜面である。この峠を通る交通路は、天正(てんしょう)(1573~1592)の末ごろ金森長近(かなもりながちか)によって開かれ、長い間、峠から北へ降りる道は、麓(ふもと)の水無(みなし)神社まで直線的な急坂であった。この道は明治以後改修され、とくに明治末から大正の初め幅3.6メートルに拡幅され、急斜面を西へ迂回(うかい)することとなり、さらに1965年(昭和40)には、すでに昇格した国道41号が幅8メートルの舗装道路に改修された。一方、高山本線は、1934年(昭和9)この峠の西方を同線最長の2キロメートル余のトンネルで全通した。なお、この峠を境に、南と北の天気などの差異が大きい。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宮峠の言及

【宮[村]】より

…飛驒高地の位山(くらいやま)(1529m)山系に属する山地に囲まれた宮川流域の小盆地に集落と耕地がある。東の久々野(くぐの)町との境にある宮峠は太平洋側と日本海側の分水界をなす。宮峠北麓に飛驒一宮の水無(みなし)神社があり,宮の地名はこれに由来する。…

※「宮峠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮峠の関連情報