コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎 滔天 ミヤザキ トウテン

1件 の用語解説(宮崎 滔天の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

宮崎 滔天
ミヤザキ トウテン

明治・大正期の革命家,評論家



生年
明治3年12月3日(1871年)

没年
大正11(1922)年12月6日

出生地
肥後国玉名郡荒尾村(熊本県荒尾市)

本名
宮崎 虎蔵

別名
通称=宮崎 寅蔵(ミヤザキ トラゾウ),別号=南蛮鉄,白寅学人,不忍庵主,雲介,白浪庵滔天,桃中軒牛右衛門など

学歴〔年〕
大江義塾,東京専門学校(現・早稲田大学)中退

経歴
豪農の6人兄弟の末っ子で、「官軍や官員は泥棒の類」を信条に成長。兄たちの感化もあって社会主義アジア問題に深い関心を抱く。大陸雄飛の志を抱き、シャム(タイ)に渡るなどしたのち、犬養毅の口ききで外務省嘱託として中国に渡る。帰国後、明治30年に横浜で亡命中の孫文に会って傾倒、このときから犬養や頭山満とともに中国の革命運動やアギナルドフィリピン独立運動に無欲の援助をする。だがいずれも失敗に帰したため一時、桃中軒雲右衛門の弟子となって浪曲を語りもした。35年「二六新報」に自伝「三十三年之夢」を書いたところ、これが漢訳されて孫文の紹介書となり、中国人の間に滔天の名を高めた。日露戦争中は、東京の中国人留学生の間に革命の機運が高まっていたが、38年孫文の来日を機に中国同盟会を発足させ、自らは同盟会の日本全権委員に。39年「革命評論」を創刊。44年辛亥革命が成立すると中国に渡り、革命の同志として総統府顧問に迎えられたが、同盟会は改組して国民党となった。以後も中国革命に無私の献身をつづけたが、大正9年の五四運動とその後の排日運動の高まりの中で病死した。「宮崎滔天全集」(全5巻 平凡社)がある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮崎 滔天の関連情報