コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮腰 みやのこし

2件 の用語解説(宮腰の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

宮腰【みやのこし】

犀(さい)川河口右岸に位置する中世以来の湊町で,現在の金沢市金石本(かないわほん)町などにあたる。中世は大野荘赤土(あかつち)村のうちで,日本海沿岸の流通拠点の一つとなっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みやのこし【宮腰】

加賀国(石川県)金沢城下町から海岸へ4km,犀川(さいがわ)河口に位置する外港。現金沢市金石(かないわ)。石川郡大野荘に属する中世以来の湊として知られる。地侍中山主計(かずえ)が加賀に入った前田利家を金沢城に先導した功により,主計は利家画像を賜り,子孫は町年寄を世襲,湊は外港としての特権を得た。1616年(元和2)町奉行が置かれ,金沢~宮腰間に直線の宮腰往還がつけられた。金沢の城内,城下町のために大量の奥羽木材,能登塩,燃料の牧木(まきぎ)が入港し,また大坂廻米が出港するなど,領内第1の港となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の宮腰の言及

【犀川】より

…全長34km,流域面積256km2。河口にある金石港は,古くは宮腰(みやのこし)港と呼ばれ,藩政時代は城下町金沢の外港として重要視された。かつてはしばしばはんらんし,沿岸に水害をもたらしたが,上流部の二又新町地内に犀川ダム,支流内川に内川ダムが完成して洪水は防止され,市街地の両岸の河川敷は緑地公園となった。…

【銭屋五兵衛】より

…幕末期の加賀国宮腰(みやのこし)の富豪の海運業者。姓は清水,幼名茂助,俳号亀巣。…

※「宮腰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮腰の関連情報