コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮薗鸞鳳軒(1世) みやぞのらんぽうけん[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮薗鸞鳳軒(1世)
みやぞのらんぽうけん[いっせい]

[生]?
[没]天明5(1785).5.9. 京都
宮薗節の演奏家。本名木岡光義。俳名平呉。1世宮古路薗八の弟子。初め宮古路家太夫。師の没後に2世薗八となったと推定されるが,宝暦 12 (1762) 年に宮薗豊前と改名,さらに明和3 (66) 年宮薗鸞鳳軒と改めた。宮薗節の大成者で,作詞,作曲にすぐれていたが,劇場向きではなかったらしい。晩年まで美声で知られた。なお,2世は門弟の宮薗文字太夫 (寛延1〈1748〉~文化9〈1812〉) が文化2年に継いだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

宮薗鸞鳳軒(1世)の関連キーワードベルトレ三ツ峠山稲葉小僧功子内親王藤枝外記本居宣長長久保赤水マンギト朝カートライト(Edmund Cartwright)コンドルセ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android