コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄親 ヨリオヤ

2件 の用語解説(寄親の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

より‐おや【寄親】

主従関係などを結んでいる者を親子関係に擬して、その主をいう語。特に、戦国大名は有力な武将を寄親とし、在地土豪などを寄子(よりこ)として軍事組織を編制した。
江戸時代奉公人身元保証人

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よりおや【寄親】

中世、主従またはそれに準ずる保護・被保護の関係を仮の親子関係とみなし、主にあたる者を寄親、従にあたるものを寄子よりこと称する。戦国時代には、戦国大名が有力な武将を寄親とし、土豪・地侍および他領からの帰順者を寄子として家臣団を編成した。
近世、一般の雇用関係において、奉公人の身元保証人。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone