コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄親 ヨリオヤ

デジタル大辞泉の解説

より‐おや【寄親】

主従関係などを結んでいる者を親子関係に擬して、その主をいう語。特に、戦国大名は有力な武将を寄親とし、在地土豪などを寄子(よりこ)として軍事組織を編制した。
江戸時代奉公人身元保証人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よりおや【寄親】

中世、主従またはそれに準ずる保護・被保護の関係を仮の親子関係とみなし、主にあたる者を寄親、従にあたるものを寄子よりこと称する。戦国時代には、戦国大名が有力な武将を寄親とし、土豪・地侍および他領からの帰順者を寄子として家臣団を編成した。
近世、一般の雇用関係において、奉公人の身元保証人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寄親の関連キーワード寄親・寄子寄親・寄子身元保証雲谷等顔金森長近口入れ屋今川義元戦国大名軍役衆村入り他領武将地侍軍役与力同心寄子

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android