寄親(読み)ヨリオヤ

デジタル大辞泉の解説

より‐おや【寄親】

主従関係などを結んでいる者を親子関係に擬して、その主をいう語。特に、戦国大名は有力な武将を寄親とし、在地土豪などを寄子(よりこ)として軍事組織を編制した。
江戸時代奉公人身元保証人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

より‐おや【寄親】

〘名〙
① 主従関係・保護関係を結んでいる者を親子関係になぞらえて、その主人・保護者をいう。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 戦国時代後期、大名が家臣団を統制するために設けた擬制的な親子関係。また、その関係で親にあたる者。戦国大名は有力な武将を寄親として軍事組織を編成した。
※甲州法度之次第‐二六箇条本(1547)一四条「無意趣而乖寄親事、可止之
③ 近世、奉公人の身元引受人。⇔寄子(よりこ)
※虎明本狂言・鼻取相撲(室町末‐近世初)「かたかたをよりおや殿とたのみまらする程に」
④ 江戸時代の劇場で、鬘師(かつらし)の親方の称。板人(いたにん)
※劇場新話(1804‐09頃)上「座頭の女形に附しかつら師は、寄親といひて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報