コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富本斎宮太夫(初代) とみもと いつきだゆう

2件 の用語解説(富本斎宮太夫(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富本斎宮太夫(初代) とみもと-いつきだゆう

1727-1802 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
享保(きょうほう)12年生まれ。宮古路(みやこじ)品太夫(初代富本豊前(ぶぜん)太夫)の弟子。富本節を創始した師のワキをかたる。師の没後,その子午之助(うまのすけ)(2代豊前太夫)の後見をつとめ,富本節の基礎をきずいた。富本伊都喜太夫などをへて剃髪(ていはつ)して延寿斎,延寿と改名。享和2年5月18日死去。76歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。姓は清水。通称は権次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

富本斎宮太夫(初代)

没年:享和2.5.18(1802.6.17)
生年:享保12(1727)
江戸中期の富本節の太夫。本名清水権次郎。はじめ宮古路品太夫(のち富本豊前掾)の門に入り,寛延1(1748)年8月,師が富本節を創始して以来,富本斎宮太夫の名で,宝暦11(1761)年までワキを語った。翌年,町人となり清水太兵衛という米穀商になったといわれるが,師の没後,明和3(1766)年より,師の子午之助(のち2代目富本豊前太夫)の後見を勤めるようになった。午之助が豊志太夫,豊前太夫と改名するのと同時に,伊津喜太夫,斎宮太夫と名を改め,共に富本節全盛期を支えた。寛政6(1794)年1月,剃髪して延寿斎,9年には延寿と改名。のちに初代清元延寿太夫となる2代目斎宮太夫の後見も勤めた。

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富本斎宮太夫(初代)の関連キーワード富本富本豊前掾富本斎宮太夫(3代)富本豊前(初代)富本豊前太夫(2代)富本豊前太夫(7代)富本豊前掾(初代)富本大和太夫(初代)富本大和太夫(2代)名見崎徳治(初代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone