コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

清元延寿太夫 キヨモトエンジュダユウ

5件 の用語解説(清元延寿太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きよもと‐えんじゅだゆう〔‐エンジユダイフ〕【清元延寿太夫】

清元節の家元。
(初世)[1777~1825]江戸の人。初名、2世富本斎宮(いつき)太夫。富本節から分かれて清元節を創始。のち延寿斎と改名。
(2世)[1802~1855]初世の子。美声の持ち主で名人太兵衛といわれ、清元節の基礎を確立。
(5世)[1862~1943]4世の養子。清元節の語り口を上品にし、社会的地位の向上に努めた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

清元延寿太夫【きよもとえんじゅたゆう】

清元節の太夫の芸名・家元名。現在7世。初世〔1777-1825〕は清元の始祖。初世富本斎宮(いつき)太夫の門弟で2世を襲名したが,富本節の家元2世富本豊前太夫と不和になり,1811年富本から分かれ,1814年独立して一派をたて清元延寿太夫と名乗った。
→関連項目清元斎兵衛清元節青海波(音楽)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きよもとえんじゅだゆう【清元延寿太夫】

清元節家元。(1)初世(1777‐1825∥安永6‐文政8) 通称岡村屋吉五郎。初め初世富本斎宮(いつき)太夫(延寿斎)の門弟。斎宮吉(いつきち)を経て2世斎宮太夫。1811年(文化8)富本から分かれて豊後路清海(きよみ)太夫を名のり,14年清元延寿太夫と改めて清元節を創始。24年(文政7)清元延寿斎と改む。翌年劇場の帰途,殺された。生来の美音家であるのに加えて時代の好みに乗り,庶民に歓迎された。初演した語り物に《保名(やすな)》《(かさね)》《山姥(やまんば)》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きよもとえんじゅだゆう【清元延寿太夫】

清元節の家元。
(初世)(1777~1825) 富本節から出て、清元節を創始。後年落髪して延寿斎と改名。刺客に殺された。
(二世)(1802~1855) 初世の子。名人太兵衛と称され、清元節の基礎を築く。「三社祭」「神田祭」「明烏あけがらす」などを作曲。
(四世)(1832~1904) 河竹黙阿弥もくあみと提携し、劇場音楽としての清元を確立。「十六夜清心いざよいせいしん」「三千歳みちとせ」「青海波せいがいは」などを作曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

清元延寿太夫
きよもとえんじゅだゆう

清元節家元の太夫(たゆう)名。

初世

(1777―1825)江戸・横山町の商人岡村屋藤兵衛の子。幼名吉五郎。初世富本斎宮太夫(いつきだゆう)(後の清水延寿)に入門し、2世斎宮太夫を継承する。家元の2世富本豊前(ぶぜん)太夫と不和対立し、1808年(文化5)大坂で豊後路清海(ぶんごじきよみ)太夫と改名した。14年恩師の清水延寿の清、富本の本を元にかえて清元延寿太夫と称し清元節一流を創設した。美声で知られ、「都座(みやこざ)に過ぎたるものが二つあり、延寿太夫に鶴屋南北(つるやなんぼく)」と唄(うた)われた。24年(文政7)清元延寿斎と改名した翌25年、劇場からの帰途暗殺された。この事件は諸説があり、通説は清元に人気を奪われた富本方の回し者ではないかというものであるが、犯人は捕えられずその真偽は不明である。[林喜代弘・守谷幸則]

2世

(1802―55)初世の実子で、幼名巳三治郎(みさじろう)。清元節の後援者であった松江藩主松平治郷(まつだいらはるさと)(不昧公(ふまいこう))によって1816年(文化13)元服、栄寿(えいじゅ)太夫の名を得た。のち27年(文政10)2世襲名。天性の美音に加えて、初世斎兵衛、初世栄次郎といった優れた三味線方の伴侶(はんりょ)に恵まれて光彩を放ち、数多くの名曲が生まれた。45年(弘化2)太兵衛と改名し、名人とうたわれた。「梵音声(ぼんのんじょう)」といわれた美声に加え、軽妙洒脱(けいみょうしゃだつ)に市井風俗を唄い、変化舞踊の新ジャンルを確立、一世を風靡(ふうび)した。[林喜代弘・守谷幸則]

3世

(1822―58)浅草今戸町藤田屋の息子で繁次郎。2世の太兵衛改名を期に3世を継承したといわれ、1853年(嘉永6)市村座で太兵衛のワキを語ったが総じてあまり評判は芳しくなかった。3世は2世の門弟、妹婿であったという。[林喜代弘・守谷幸則]

4世

(1832―1904)旧名斎藤源之助。2世の娘お葉(よう)の婿に選ばれて1858年(安政5)4世を襲名。河竹黙阿弥(もくあみ)と提携し数々の名品を残した。91年(明治24)2世太兵衛、さらに93年には延寿翁と改名している。4世も美声で知られている。当時流行の端唄(はうた)、うた沢(哥沢・歌沢)を取り入れ、付近の家や別の部屋で語る浄瑠璃(じょうるり)にあわせて俳優が仕種(しぐさ)をする「余所事(よそごと)浄瑠璃」に力を発揮した。清元お葉は小唄の創始者としても著名。[林喜代弘・守谷幸則]

5世

(1862―1943)本名斎藤庄吉。4世の妻お葉の懇望により、1890年(明治23)岡村家に入籍、栄寿太夫を名のったのち、94年家元を相続し、97年襲名披露を催す。旧来の職人層の間で愛好された語り口を、品のよい発声法に改めて、流派の社会的地位の向上を目ざし成功させた。[林喜代弘・守谷幸則]

6世

(1926―87)本名岡村清道。5世の孫。5世の実子であった4世栄寿太夫が父5世に先だって1939年(昭和14)に死去したため、5世栄寿太夫を経て48年6世を襲名した。22年(大正11)に分離した清元流(梅吉(うめきち)派)と64年12月、合同で清元協会を樹立、歴史的な和解がなったと思わせたが、のち清元流は退会、流派の大合同はならなかった。[林喜代弘・守谷幸則]

7世

(1958― )本名岡村菁太郎(せいたろう)。6世の実子。母方の祖父が6世尾上菊五郎(おのえきくごろう)という関係で歌舞伎(かぶき)の舞台を踏んだが、6世の死去に伴い1989年(平成1)7世を襲名した。[林喜代弘・守谷幸則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

清元延寿太夫の関連キーワード清元節清元清元梅吉清元斎兵衛お直清元梅吉(4代)清元延寿太夫(3代)清元延寿太夫(5代)清元延寿太夫(6代)清元太兵衛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

清元延寿太夫の関連情報