富楼那(読み)ふるな(英語表記)Pūrṇa

大辞林 第三版の解説

釈迦の十大弟子の一人。釈迦の父スッドーダナ王の国師の子で、釈迦と同月に生まれたという。弁舌が巧みで説法第一と称される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

(1)釈迦(しゃか)十大弟子の一人。サンスクリット語プールナ・マイトラーヤニープトラPra-maitryaputraの音写の略。釈迦の故郷カピラバストゥにほど近い町のバラモンの家に生まれ、釈迦最初の弟子で、叔父であるアジュニャータ・カウンディヌヤAjta-kauinya(阿若陳如(あにゃきょうちんにょ))に導かれて出家した。説法第一といわれ、シャーリプトラ(舎利弗(しゃりほつ))との問答で知られる。(2)釈迦の弟子。商人の家の生まれ。サンスクリット語プールナPraの音写。インド西方の教化にあたって、釈迦と交わした熱烈な求道(ぐどう)の問答は有名。その決意に感心した釈迦は快く西方伝道を許した。[石上善應]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Pūrṇamaitrāyaṇīputra の訳、富楼那彌多羅尼子の略)
[1] 紀元前五世紀の人。釈迦の十大弟子の一人。釈迦と同じ日に生まれたといわれる。出家し、悟りを開いてのち各地に布教し、仏弟子のうち、弁舌第一と称された。生没年不詳。
[2] 〘名〙 ((一)より転じて、多くあざけりの気持をこめて) 雄弁家、おしゃべりの人の意にいう。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第三「今我をれ目に見ぬ冨楼那(フルナ)大矢数 木の下闇は愚痴の槃特」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の富楼那の言及

【十大弟子】より

…空を説く大乗経典にしばしば登場する。(5)富楼那弥多羅尼子(ふるなみたらにし) サンスクリット語でプールナマイトラーヤニープトラPūrṇamaitrāyanīputra。説法第一。…

※「富楼那」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

親指シフト

富士通が開発した独自のカナ文字配列とシフト方式を採用したキーボード。1980年に発売されたワープロ専用機、OASYSとともに登場した。日本語の高速入力が可能で、熱烈なファンをもつ。Macintosh用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android