富楼那(読み)ふるな(英語表記)Pūrṇa

大辞林 第三版の解説

ふるな【富楼那】

釈迦の十大弟子の一人。釈迦の父スッドーダナ王の国師の子で、釈迦と同月に生まれたという。弁舌が巧みで説法第一と称される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富楼那
ふるな

(1)釈迦(しゃか)十大弟子の一人。サンスクリット語プールナ・マイトラーヤニープトラPra-maitryaputraの音写の略。釈迦の故郷カピラバストゥにほど近い町のバラモンの家に生まれ、釈迦最初の弟子で、叔父であるアジュニャータ・カウンディヌヤAjta-kauinya(阿若陳如(あにゃきょうちんにょ))に導かれて出家した。説法第一といわれ、シャーリプトラ(舎利弗(しゃりほつ))との問答で知られる。(2)釈迦の弟子。商人の家の生まれ。サンスクリット語プールナPraの音写。インド西方の教化にあたって、釈迦と交わした熱烈な求道(ぐどう)の問答は有名。その決意に感心した釈迦は快く西方伝道を許した。[石上善應]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の富楼那の言及

【十大弟子】より

…空を説く大乗経典にしばしば登場する。(5)富楼那弥多羅尼子(ふるなみたらにし) サンスクリット語でプールナマイトラーヤニープトラPūrṇamaitrāyanīputra。説法第一。…

※「富楼那」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富楼那の関連情報