コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛永文化 かんえいぶんか

1件 の用語解説(寛永文化の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

寛永文化【かんえいぶんか】

江戸初期,寛永年間(1624年―1644年)を中心とする文化。桃山文化の特徴を受け継ぎ,元禄(げんろく)文化への過渡的役割を果たした。西は桂離宮,東は日光東照宮に特質される儒教文化だが,特に京都の後水尾(ごみずのお)・明正(めいしょう)両天皇の宮廷と上層町衆を中心とした古典的文化を特筆して言うことが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の寛永文化の言及

【元禄時代】より

…町人と呼ばれる社会階層が文化の主体的な担い手となったこと(町人文化),上方の都市的発展とその環境が推進力となったこと(都市文化),奢侈的風潮にともない衣・食・住ほか生活の諸相に文化としての表現が認められること(生活文化),劇場や出版といったマス・メディアが成立したこと(大衆文化)などの諸傾向を指摘することができる。これらの傾向は総じて〈近世的〉といわれる特色を示しており,したがって元禄文化は,一面で17世紀前半~寛永期に頂点に達した上層町衆の文化(寛永文化)をモデルとしつつ,そこにみられた古典志向,貴族趣味,サロン性を克服し,より広範な町人層の参加のもと,18世紀以降における近世都市大衆文化の展開を用意したものと位置づけることができる。
[町人の文化]
 元禄文化の第1の特徴は,文化の荷担者が都市の商工業者,いわゆる町人層によって構成されていたことにあり,日本文化史のうえで初めて庶民と呼びうる階層の生活,心情,思想が主題として表現されるに至った。…

※「寛永文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

寛永文化の関連キーワード大宮御所起倒流黒江塗膳所焼柳川流女浄瑠璃寛永志戸呂焼新町きのふはけふの物語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寛永文化の関連情報