コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝覚物語絵巻 ねざめものがたりえまき

2件 の用語解説(寝覚物語絵巻の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寝覚物語絵巻
ねざめものがたりえまき

菅原孝標女の作といわれる『夜の寝覚 (寝覚物語) 』の絵巻化作品。 12世紀後半成立。紙本着色,1巻。国宝。大和文華館蔵。『源氏物語絵巻』の作風を継ぐ作り絵式の物語絵巻であるが,人物表現の小型化,形式化が進む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寝覚物語絵巻
ねざめものがたりえまき

絵巻。奈良・大和(やまと)文華館蔵。国宝。平安末期(12世紀後半)の作と推定される。菅原孝標(すがわらのたかすえ)の女(むすめ)の作とされている『寝覚物語(夜(よる)の寝覚)』に取材したもので、現在、詞(ことば)四段、絵四段の一巻が伝わる。もと数巻からなったと思われ、現存の一巻は末尾の部分が残ったとされる。主人公「ねざめの上」(太政(だいじょう)大臣の女、中(なか)の君(きみ))の出家後の話を扱い、嫡男まさこ君と冷泉(れいぜい)院の女三の宮の仲を院に裂かれたねざめの上が、世を悲しみ身を隠し、彼女に思いを寄せる冷泉院はねざめの上の出家を知って深く悲しむ、という内容を描く。この部分は物語の本文(第五巻以後)が欠失していて内容不詳の画面もあるが、詞はその本文の欠損を補う意味で貴重である。絵は地紙に金銀の切箔(きりはく)を撒(ま)き、鮮麗な色彩の作絵(つくりえ)で描くなど装飾性が著しく、王朝末期の繊細優美な作風を伝える。[村重 寧]
『小松茂美編著『日本の絵巻1 寝覚物語絵巻他』(1987・中央公論社) ▽白畑よし編『新修日本絵巻物全集17 寝覚物語絵巻他』(1980・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寝覚物語絵巻の関連キーワード菅原孝標女夜の寝覚小夜の寝覚め菅原孝標女寝覚む夜半の寝覚上総大輔菅原孝標《夜の寝覚》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寝覚物語絵巻の関連情報