寧(漢字)

普及版 字通「寧(漢字)」の解説


常用漢字 14画

(旧字)
14画

(異体字)
12画

[字音] ネイ
[字訓] やすらか・むしろ・なんぞ

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 会意
宀(べん)+心+皿(べい)+(こう)。宀は。皿上に犠牲の心臓を載せ、之れを高く揚げている形。〔説文〕五上に「願ふ詞なり。に從ひ、(ねい)聲」とするが、もとと同字であろう。〔説文〕はまた別に(ねい)を出だし、三下にも「願ふなり」とあって、祈願の意とする。七下に「安らかなり」と訓するが、みな安寧を願い祈る字で、もと同字と考えられる。「むしろ」「なんぞ」はなどと音が通じ、仮りて用いる用法である。

[訓義]
1. やすらか、やすんずる、さだまる、おちつく、しずか、ねんごろ。
2. おとなう、安否を問う、さとがえり、父母の服喪
3. 而・乃などと通じ、しかるに、はた、すなわち、むしろ、なんぞ、いずくんぞ。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕 ムシロ・ヤスシ・イカムゾ・ネムコロ・シヅカニ・ツレツレ・ヨシ・スナハチ・オモフ・カツテ/丁 ネムコロ/無 ムシロ/ ヤスム・スルトコロ

[声系]
〔説文〕に声として濘を収め、また未収の字に獰がある。濘(ねい)は泥、獰(どう)は獰猛で、ともに別系の語と思われる。

[語系]
nyeng、而nji、乃(廼)nは声近く、通用することがある。王引之の〔経伝釈詞〕に、について「願ふ詞なり」のほか「なんぞ、あに、まさに、すなわち、語助」の例をあげる。他にも「それ、あるいは、ベし」などの用法がある。

[熟語]
寧安寧晏・寧一・寧壱寧宇寧盈・寧佳・寧家・寧嘉寧乂・寧・寧吉・寧居寧渠寧馨・寧固・寧康・寧考・寧国・寧済・寧歳・寧止・寧日・寧集寧輯寧粛・寧処寧帖・寧神・寧人・寧静・寧靖・寧息・寧泰・寧丁・寧底寧謐・寧平・寧便・寧民・寧楽・寧乱
[下接語]
安寧・晏寧・永寧・燕寧・嘉寧・乂寧・咸寧・帰寧・休寧・洪寧・荒寧・康寧・遑寧・告寧・輯寧・綏寧・清寧・静寧・長寧・丁寧・謐寧・不寧・撫寧・保寧・邦寧・無寧・来寧・和寧

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android