コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寧安 ねいあん

百科事典マイペディアの解説

寧安【ねいあん】

中国,黒竜江省南東部,牡丹江市の南にある都市。牡図鉄路(牡丹江〜図們)に沿い,木材,薬用ニンジン,毛皮などを集散。清朝初期,政治・軍事の中心地として築城された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寧安
ねいあん / ニンアン

中国、黒竜江省南東端にある市。市政府所在地は寧安鎮。牡丹江(ぼたんこう)中流部左岸の広大な溶岩台地上に位置する。旧称寧古塔(ニングタ)。人口43万7317(2000)。漢代より歴史にみえ、清(しん)代初期から開拓が始まり、東支鉄道や牡図(ぼと)鉄道の開通によって農業が発達し、一時は日本人開拓団もいた。小麦、大豆、コウリャン、トウモロコシ、アワ、水稲、テンサイ、タバコ、薬用ニンジン、木材、魚類などを豊富に産出する。寧安鎮の南にある東京城は渤海(ぼっかい)国上京城跡(東西4.5キロメートル、南北3.3キロメートル)で、長安を模したとされ、中に有名な燃灯石塔をもつ興隆寺がある。[浅井辰郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

寧安の関連キーワードニングタ(寧古塔)上京竜泉府址東北(中国)牡丹江(川)安徽(省)江蘇(省)耶律阿保機ニンアン菅原幸助韓世忠東京城東京楊賓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android