コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外法 ゲホウ

6件 の用語解説(外法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げ‐ほう〔‐ホフ〕【外法】

仏語。仏法以外の教法。仏教以外の思想や宗教。外道(げどう)。⇔内法
人の髑髏(どくろ)を用いて行う妖術。外術(げじゅつ)。
外法頭」の略。

そと‐のり【外法】

容器・管・構造物や2本の柱の間などの外側のさし渡し寸法。⇔内法(うちのり)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げほう【外法】

仏法の正しい教えからはずれた法術。私利私欲を満たすために,他人を犠牲にすることをも恐れない法術のことで,邪術や幻術とほぼ同義である。外術(げじゆつ),外道(げどう)ともいう。天狗の行う法術(呪術)は外法であると考えられており,天狗のことを外法様,その術を行うことのできる僧を外法僧ということがある。外法僧の多くは,山伏や陰陽師たちであった。外法にもさまざまな種類があったが,《源平盛衰記》にみえる,平清盛が心を動かした荼吉尼(だきに)の法は,そのもっとも知られたものの一つである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げほう【外法】

仏教で、他の教法をいう語。外道。 ↔ 内法 「 -は益無しとて/今昔 4
に基づく行法であることから〕 天狗を祖とした妖術、または髑髏どくろを用いた呪術。鎌倉時代に流行。外術。 「さてかの-おこなひける聖を追出せんとしければ/平家 1
〔外法頭げほうあたまであることから〕 福禄寿の別名。 「鬼の念仏に餓鬼-殿の頭へ/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」
「外法頭」「外法下駄」の略。

そとのり【外法】

箱や管、または柱と柱の外側から外側までの寸法。外径。 ↔ 内法

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

そとのり【外法】

柱と柱、鴨居(かもい)と敷居など、向かい合う建築部材の外側から外側までの距離。⇔内法(うちのり)

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の外法の言及

【外道】より

…仏教においては,仏教以外の宗教や思想をすべて外道,外教(げきよう)あるいは外法(げほう)などと呼んでいる。サンスクリットの原語は(anya‐)tīrthakaであって,(その宗教より)以外の宗教およびその信者,すなわち異教,異教徒を意味している。…

※「外法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

外法の関連キーワード正法桁がはずれる人外正教道外れ村外れ異執弘誓房法の力踏外す

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外法の関連情報