コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外法 ゲホウ

デジタル大辞泉の解説

げ‐ほう〔‐ホフ〕【外法】

仏語。仏法以外の教法。仏教以外の思想や宗教。外道(げどう)。⇔内法
人の髑髏(どくろ)を用いて行う妖術。外術(げじゅつ)。
外法頭」の略。

そと‐のり【外法】

容器・管・構造物や2本の柱の間などの外側のさし渡し寸法。⇔内法(うちのり)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げほう【外法】

仏法の正しい教えからはずれた法術。私利私欲を満たすために,他人を犠牲にすることをも恐れない法術のことで,邪術や幻術とほぼ同義である。外術(げじゆつ),外道(げどう)ともいう。天狗の行う法術(呪術)は外法であると考えられており,天狗のことを外法様,その術を行うことのできる僧を外法僧ということがある。外法僧の多くは,山伏や陰陽師たちであった。外法にもさまざまな種類があったが,《源平盛衰記》にみえる,平清盛が心を動かした荼吉尼(だきに)の法は,そのもっとも知られたものの一つである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げほう【外法】

仏教で、他の教法をいう語。外道。 ↔ 内法 「 -は益無しとて/今昔 4
に基づく行法であることから〕 天狗を祖とした妖術、または髑髏どくろを用いた呪術。鎌倉時代に流行。外術。 「さてかの-おこなひける聖を追出せんとしければ/平家 1
〔外法頭げほうあたまであることから〕 福禄寿の別名。 「鬼の念仏に餓鬼-殿の頭へ/浄瑠璃・ひらかな盛衰記」
「外法頭」「外法下駄」の略。

そとのり【外法】

箱や管、または柱と柱の外側から外側までの寸法。外径。 ↔ 内法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

そとのり【外法】

柱と柱、鴨居(かもい)と敷居など、向かい合う建築部材の外側から外側までの距離。⇔内法(うちのり)

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の外法の言及

【外道】より

…仏教においては,仏教以外の宗教や思想をすべて外道,外教(げきよう)あるいは外法(げほう)などと呼んでいる。サンスクリットの原語は(anya‐)tīrthakaであって,(その宗教より)以外の宗教およびその信者,すなわち異教,異教徒を意味している。…

※「外法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外法の関連キーワード特定電子工業及び特定機械工業振興臨時措置法グアンタナモ米軍基地ノルマントン号事件シチズン時計[株]日英通商航海条約インムニテートラプラス方程式韓米通商条約安政の仮条約内地雑居問題刑事裁判権外交特権外国軍隊外交使節外法下駄領事裁判治外法権条約改正外交官駐留軍

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android