コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射る イル

デジタル大辞泉の解説

い・る【射る】

[動ラ五(四)]「い(射)る」(上一)に同じ。近世江戸語以降の用法。
「灯(ひ)の光り闇を破りて遥(はるか)に身を―・り」〈露伴・いさなとり〉

いる【射る】

[動ア上一][文][ヤ上一]
矢を弓につがえて放つ。「弓をいる
矢や弾丸を目的物に当てる。「的をいる
光が強く照らす。「光線が目をいる
向けて放たれたものが対象をとらえる。「やさしい言葉が心をた」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いる【射る】

( 動五[四] )
〔上一段動詞「いる(射)」の五(四)段化。近世後期以降のもの〕
射る 」に同じ。 「双瞳烱々として光彩人を-・り/経国美談 竜渓

いる【射る】

( 動上一 ) [文] ヤ上一 
弓で矢を飛ばす。 「弓をいる」 「矢をいる
矢や弾丸を飛ばして目的物に当てる。 「けものをいる」 「的をいる
ものに強く鋭く向けられる。 「厳しいまなざしが人をいる」 「太陽の光が目をいる
(比喩的に)貴重なもの、望んでいたものを手に入れる。 「金的をいる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

射るの関連キーワード竹藪に矢を射るよう差し詰め引き詰め落とし矢・落し矢差し矢弓懸正鵠を得る射芸・射藝経国美談的を得る弓を引く蟇目の法弓摺羽目的物矢止め外掛羽三つ的鳴り弭的始め射向け桃の弓矢継ぎ

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

射るの関連情報