射る(読み)イル

デジタル大辞泉「射る」の解説

いる【射る】

[動ア上一][文][ヤ上一]
矢を弓につがえて放つ。「弓をいる
矢や弾丸を目的物に当てる。「的をいる
光が強く照らす。「光線が目をいる
向けて放たれたものが対象をとらえる。「やさしい言葉が心をた」
[類語]銃撃射撃発射発砲実射乱射速射掃射狙撃砲撃爆撃狙い撃ち射落とす撃つ

い・る【射る】

[動ラ五(四)]「い()る」(上一)に同じ。近世江戸語以降の用法
の光り闇を破りてはるかに身を―・り」〈露伴・いさなとり〉
[類語]撃つ銃撃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android