コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狙い撃ち/狙い打ち ネライウチ

デジタル大辞泉の解説

ねらい‐うち〔ねらひ‐〕【狙い撃ち/狙い打ち】

[名](スル)
ねらいを定めて撃つこと。そげき。「敵兵を―する」
目標を定めて集中的に行うこと。「カーブを―する」「質問で彼を―にする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

狙い撃ち/狙い打ちの関連キーワード韓国官公庁の記者室統廃合マララ・ユスフザイ鳴尾村の空襲APT攻撃アバスチン上田祥子抗体医薬敵兵

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android