コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉祇園太鼓 こくらぎおんだいこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小倉祇園太鼓
こくらぎおんだいこ

福岡県北九州市小倉北区八坂神社で毎年 7月第3金曜日から日曜日にかけて行なわれる例祭,小倉祇園祭のこと。山車の前後に据えつけた太鼓両面から叩くのが特徴的な祭り。映画『無法松の一生』の舞台としても知られる。小倉祇園祭は,小倉城を築いた細川忠興が元和3(1617)年に京都から祇園社(八坂神社)を勧請し,同 4年に祇園祭にならって始めたと伝わり,江戸時代には旧暦 6月に行なわれていた。金曜日に神輿御旅所まで渡御する神幸祭,土曜日に還幸祭が行なわれ,神幸行列に氏子各町の山車が加わる。江戸時代の神幸行列には,城下各町が趣向を凝らした山車や踊車,人形引車,傘鉾などを引いていたが,明治以降,太鼓を据えつけた山車に変わった。太鼓は直径 1尺2寸(約36.4cm)~1尺5寸(約45.4cm)のものが大半で,片面は甲高い音,もう片面は鈍い音が出るようになっており,ジャンガラと呼ばれるの音に合わせて両面をたたく。還幸祭のあと,各町の太鼓の奉納打ちや競演会が行なわれ,日曜日の夜には,太鼓広場に全 92台の山車が勢ぞろいして太鼓をたたき続け,市内を巡行する廻り祇園が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小倉祇園太鼓

福岡県指定無形民俗文化財。小倉城を築城した細川忠興が1617年に祇園社(現・八坂神社)を建て、無病息災と城下町の繁栄を願い、京都の祇園祭を取り入れたのが起源とされる。明治から大正にかけて、山車に据え付けた太鼓を打ち鳴らす、太鼓を主体とした現在の形となった。毎年7月に小倉城そばで祇園太鼓競演大会、据え太鼓競演会がある。

(2008-11-17 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

小倉祇園太鼓の関連キーワード福岡県北九州市小倉北区吉本実憂福岡県無法松

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小倉祇園太鼓の関連情報