コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神幸祭 しんこうさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神幸祭
しんこうさい

神道行事の一つで,神のいでましをまつる,の意。すなわち,本社から神が出御する際に行われる祭事である。神霊を榊の枝でできた神籬 (ひもろぎ) で囲い,それを行列の中央において,いでましの場所まで1日ないし数日をかけて送り届ける。これに対して,神霊が再び本社に戻る祭事を還幸祭という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんこうさい【神幸祭】

神霊の来臨,移動を中心とする神事。渡御祭とかお旅とかお出でともいい,本社に帰るのをとくに還幸祭などともいう。日本の祭りは,神霊の出現を待ってその招迎と鎮送を基本とするので,おのずから神迎えと神送りの儀礼を伴うものが多いが,神霊の動座そのものを神威の顕現形式としてとくに重んじる場合にこれを神幸祭という。神幸とは神の幸御または御幸の意。幸御は尊貴の者が望外の幸せをもたらす意から天子の外出来臨をいうが,日本では天皇のミユキ(御行)を行幸となし,神のミユキを神幸となす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しんこうさい【神幸祭】

神霊が本社から他所に移る行事を中心とする祭り。渡御祭。御旅祭。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の神幸祭の言及

【香取神宮】より

…本殿,中殿,拝殿がつらなる権現造。本社には4月14日の例祭のほか,4月4日の御田植祭,11月30日夜の大饗(だいきよう)祭,12月1日夜の賀詞(よごと)祭,12月4日夜の内陣神楽,12月7日夜の団碁(だんき)祭など特殊神事が多いが,なかでも圧巻は4月15日の神幸祭(軍神祭)である。祭神経津主神が国土平定のときの軍容に模したというこの祭りは神輿を中心に付近旧8ヵ町村の氏子が供奉しての神幸で,12年目ごとの午年(うまどし)の式年神幸祭は豪華である。…

【御霊会】より

…上御霊,下御霊の両神社の祭礼も毎年夏秋に催された。のちには旧暦7月18日に神幸祭,神輿渡御があり,8月18日に還幸祭が行われていたが,中世の後期,応仁の乱ののちに,一時中絶した。1498年(明応7)に復興をとげ,近世になると,上下の両御霊神社ともに旧暦8月11日神幸祭があり,神輿を御旅所に納め滞留ののち,8月18日に還幸の儀式が行われた。…

※「神幸祭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神幸祭の関連キーワード伊万里トンテントン祭り犀川(福岡県、旧町名)津和野弥栄神社の鷺舞祇園祭の前祭と後祭御船祭り・御船祭稲荷祭り・稲荷祭鶴岡八幡宮例大祭庄内(福岡県)戸畑祇園大山笠石岡のおまつり小倉祇園太鼓生立八幡神社深川八幡祭り鞍馬の火祭御香宮神社英彦山神宮防府天満宮基山(町)水戸東照宮唐津くんち

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神幸祭の関連情報