コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小刀会 しょうとうかい Xiao-dao-hui; Xiao-tao-hui

2件 の用語解説(小刀会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小刀会
しょうとうかい
Xiao-dao-hui; Xiao-tao-hui

中国,清末の秘密結社。「反清復明」を唱える三合会の分派で,会員は腰に小刀を差していた。咸豊3 (1853) 年太平天国に呼応してアモイ,上海で蜂起。アモイは半年間で失敗したが,上海では同年9月から同5年2月まで県城を占領し,抗糧 (納税反対運動) に立上がった農民と連携して新政権を樹立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小刀会
しょうとうかい

中国、清(しん)末の秘密結社。別名匕首会(ひしゅかい)。天地会の一分派。1853年、広東(カントン)省香山県出身の劉麗川(りゅうれいせん)に率いられて蜂起(ほうき)した。会員には広東、福建出身の商人、舟乗り、人夫、遊民が多く、頭を紅巾で包み短刀を帯び、「反清復明(ふくみん)」を唱えた。上海(シャンハイ)に隣接する青浦県で起こった抗糧(税の不払い)暴動と結んで上海を占領、太平天国と提携しようとしたが失敗、孤立した。しかし租界の洋商から武器、食料の供給を受け、また租界を守備する外国軍隊に清軍の行動が妨げられたことに助けられて、1年5か月にわたり上海の占領を維持した。その後、清軍は外国の協力を得ることに成功し、55年2月、劉麗川が戦死して乱は鎮圧された。[西川喜久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小刀会の関連キーワード哥老会三合会上帝会信書の秘密秘密結社異を唱える天地会喜びの秘密山荘の秘密《支那革命党及秘密結社》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone