コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小堀杏奴 コボリアンヌ

4件 の用語解説(小堀杏奴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こぼり‐あんぬ【小堀杏奴】

[1909~1998]随筆家・小説家。東京の生まれ。森鴎外の次女、茉莉の妹。画家小堀四郎の妻。著作に、父鴎外の思い出を描いた「晩年の父」のほか、小説「春のかぎり」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小堀杏奴【こぼりあんぬ】

小説家,随筆家。東京生れ。森鴎外の次女。兄は森於兎,姉は森茉莉。仏英和高女卒業後,フランスで洋画を学ぶ。その後,画家小堀四郎と結婚。新詩社に加わった。1939年鴎外の思い出をまとめた《晩年の父》によって文壇に認められるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小堀杏奴 こぼり-あんぬ

1909-1998 昭和-平成時代の随筆家。
明治42年5月27日生まれ。森鴎外(おうがい)の次女。森茉莉(まり)の妹。パリで絵をまなび,帰国後小堀四郎と結婚。昭和11年「晩年の父」を出版。のち森鴎外「妻への手紙」を編集するなど,鴎外研究の新資料を提供した。平成10年4月2日死去。88歳。東京出身。仏英和高女卒。作品集に「春」「最終の花」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こぼりあんぬ【小堀杏奴】

1909~1998) 随筆家・小説家。東京生まれ。森鷗外の次女。父の思い出を綴った「晩年の父」で注目され、戦後は長編小説「冬の花束」などを試みる。著「日々の思ひ」「小さな恋人」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

小堀杏奴の関連キーワードKiroro自動車工業生活教育スバルレオポルド2世ホンダ VFR800FI教育委員会公明党新聞小説アララギ(短歌結社雑誌)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小堀杏奴の関連情報