小夜(読み)こよる

精選版 日本国語大辞典「小夜」の解説

こ‐よる【小夜】

〘名〙 (「よる」は「よるのもの(夜物)」の) 小さい夜着。小夜の物。小夜着(こよぎ)
浮世草子・好色一代男(1682)八「衣桁(いかう)に十二のを懸(かけ)、こよる山をかさね、小蒲団(こぶとん)の峯のごとし」

さ‐よ【小夜】

〘名〙 (「さ」は接頭語) よ。夜(よる)
万葉(8C後)一二・二九〇六「他国(ひとくに)によばひに行きて大刀がもいまだ解かねば左夜(サよ)そ明けにける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小夜」の解説

さ‐よ【小夜】

《「さ」は接頭語》よる。よ。「小夜時雨しぐれ」「小夜千鳥」
[類語]さりよい暮夜ぼや夜間夜中やちゅう夜分やぶん夜陰やいん夜半よわ夜中よなか夜半やはんナイト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android