夜分(読み)ヤブン

大辞林 第三版の解説

やぶん【夜分】

夜。夜間。 -におじゃまして恐縮です
連歌・俳諧で、夜のものと定められたことば。「宵・闇・暗き」など。夜分の詞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐ぶん【夜分】

〘名〙
① よなか。よる。夜間
※菅家文草(900頃)三・読書「口誦窺衙後、心耽到夜分
※黄表紙・御存商売物(1782)中「京四条川原夕すずみの体(てい)、これもやぶんの景とかはり」 〔韓非子‐十過〕
連歌俳諧の題材で夜のものに定められた語。また、寝・神楽・夕闇などをいう。
※連歌新式追加並新式今案等(1501)「豊明節会。〈非夜分〉〈略〉又寝。神楽。夕闇。いさり。〈以上夜分也〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜分の関連情報