(読み)ショウ

デジタル大辞泉の解説

しょう【宵】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉)(漢) [訓]よい
〈ショウ〉
夜。「終宵徹宵
よいのうち。「秋宵春宵良宵
〈よい〉「宵闇(よいやみ)今宵(こよい)

よい〔よひ〕【宵】

日が暮れてまだ間もないころ。古代では夜を3区分した一つで、日暮れから夜中までの間。初夜。「のうちから床に就く」
「―過ぐるほど、すこし寝入り給へるに」〈・夕顔〉
祭りなど、特定の日の前夜。「宮」「山」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よい【宵】

夜になってまだ間もない頃。夜がそれほどふけていない頃。初更。 「春の-」 「 -の口」
よる。夜間。 「波の上に浮寝せし-あど思へか/万葉集 3639
祭りの前夜。 「 -の日よりとまりがけに上りける/咄本・露が咄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よい よひ【宵】

〘名〙
① 日が暮れて間もないころ。また、日暮から夜中までの間。古代では、夜を、よい・よなか・あかときに三区分した。初夜。初更。また、よる。夜間。
※書紀(720)允恭八年二月・歌謡「我が夫子(せこ)が 来べき予臂(ヨヒ)なり ささがねの 蜘蛛の行ひ 今宵(こよひ)(しる)しも」
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)五「思ひし事よ。わが父は、はや甲夜(ヨヒ)の間に来給ひけり」
② 祭、特に祇園会などの、夏に行なわれる祭の前夜。
咄本・軽口露がはなし(1691)四「祇園会にはじめて呼ければ、〈略〉いとこはつこに至迄、宵(ヨイ)の日よりとまりがけに上りける」
[語誌](1)現在では、夜が始まってしばらくの間の意で用いるが、上代では、「万葉集」で「三更(=夜中の一二時ころ)」をヨヒと読ませていること、中古以降、ヨヒを語素にもつコヨヒという語が丑の刻(=午前二時ころ)までをさして用いられたことなどから、現在より長い時間をさしてヨヒと呼んだと考えられる。
(2)本来は、夜が単にヨヒとアカトキの二つに分けられていたところへ、ヨナカという語が現われ、ヨヒの時間が、中古にはより短い時間をさすようになったのではないかとも考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宵の関連情報