コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショウ

デジタル大辞泉の解説

しょう【宵】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉)(漢) [訓]よい
〈ショウ〉
夜。「終宵徹宵
よいのうち。「秋宵春宵良宵
〈よい〉「宵闇(よいやみ)今宵(こよい)

よい〔よひ〕【宵】

日が暮れてまだ間もないころ。古代では夜を3区分した一つで、日暮れから夜中までの間。初夜。「のうちから床に就く」
「―過ぐるほど、すこし寝入り給へるに」〈・夕顔〉
祭りなど、特定の日の前夜。「宮」「山」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よい【宵】

夜になってまだ間もない頃。夜がそれほどふけていない頃。初更。 「春の-」 「 -の口」
よる。夜間。 「波の上に浮寝せし-あど思へか/万葉集 3639
祭りの前夜。 「 -の日よりとまりがけに上りける/咄本・露が咄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宵の関連キーワード桶な物打ち開けたような胸に鑢を掛けるアンドロメダ座朝題目に夕念仏言葉の引っ放し目面も明かぬ師岡綱治妻明けの明星ソワールほいやり領解違ひぎりぎり糊かひ物一刻千金かんかん姑去り夕惑ひ宵の春めかり下種男

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宵の関連情報