コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小寺房治郎 こでら ふさじろう

3件 の用語解説(小寺房治郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺房治郎 こでら-ふさじろう

1872*-1949 明治-昭和時代の化学者。
明治4年12月6日生まれ。33年設立当初の農商務省工業試験所にはいり,41年欧米に留学,ドイツでF.ハーバーらにまなぶ。大正13年東京工業試験所長。アンモニア合成を研究し,その工業化につくした。昭和24年12月26日死去。79歳。大阪出身。帝国大学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こてらふさじろう【小寺房治郎】

1870‐1949(明治3‐昭和24)
日本近代化学工業の祖。大阪府中河内郡大戸村の生れ。1896年帝国大学工科大学応用化学科卒業,ただちに農商務技師となり,地質調査所勤務。1900年農商務省(のちの商工省)工業試験所成立とともに,兼ねてその創設業務に当たり,01年同所専任技師,06年第1部長,08年第5部長に進み,電気化学工業研究のため同年からアメリカイギリス,ドイツへ2ヵ年留学,ことにドイツで空中窒素固定法の発明者F.ハーバーに師事,15年工学博士,18年新設の臨時窒素研究所所長,24年高松豊吉の後をうけ第3代工業試験所所長となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小寺房治郎
こてらふさじろう
(1870―1949)

化学技術者。明治3年大阪に生まれる。三高を経て、1896年(明治29)帝国大学工科大学応用化学科を卒業。同年、農商務省技師となり、地質調査所に勤務。1900年(明治33)東京工業試験所設立とともに同所技師となった。1908~1910年電気化学工業研究のため、アメリカ、イギリス、ドイツに留学し、ドイツではアンモニア合成で有名なハーバーの指導を受けた。1915年(大正4)工学博士の学位を取得。1918年臨時窒素研究所(1928年には東京工業試験所第六部に併合)の設立と同時に所長となり、アンモニア合成を日本で工業化することに大きな貢献をした。1924年東京工業試験所の第3代所長となり、16年間その地位を務めた。彼のアンモニア合成技術における基礎研究、工業化研究のなかで多数の化学技術者が輩出した。1919、1920年工業化学会の会長を務めた。[奥山修平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小寺房治郎の言及

【小寺房治郎】より

…日本近代化学工業の祖。大阪府中河内郡大戸村の生れ。1896年帝国大学工科大学応用化学科卒業,ただちに農商務技師となり,地質調査所勤務。1900年農商務省(のちの商工省)工業試験所成立とともに,兼ねてその創設業務に当たり,01年同所専任技師,06年第1部長,08年第5部長に進み,電気化学工業研究のため同年からアメリカ,イギリス,ドイツへ2ヵ年留学,ことにドイツで空中窒素固定法の発明者F.ハーバーに師事,15年工学博士,18年新設の臨時窒素研究所所長,24年高松豊吉の後をうけ第3代工業試験所所長となった。…

※「小寺房治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小寺房治郎の関連キーワード加藤咄堂笹川臨風岡田温秋山金次郎阿部ヤス井坂孝小林秀穂野村洋三平野勇藤本清兵衛(2代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone