コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小寺融吉 こでらゆうきち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小寺融吉
こでらゆうきち

[生]1895.12.8. 東京
[没]1945.3.29. 東京
民俗芸能および日本の舞踊の研究家。早稲田大学英文科卒業。民俗舞踊研究の新分野を開き,1922年『近代舞踊史論』を出版。主著『舞踊の美学的研究』 (1928) のほか『日本近世舞踊史』 (1931) ,『日本民謡辞典』 (1935) ,『郷土舞踊と盆踊』 (1941) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小寺融吉 こでら-ゆうきち

1895-1945 大正-昭和時代前期の民俗芸能・舞踊研究家。
明治28年12月8日生まれ。小寺健吉の弟。中村伸郎(のぶお)の兄。坪内逍遥(しょうよう)にまなぶ。大正11年はじめて日本舞踊,郷土舞踊を体系づけた「近代舞踊史論」を刊行。昭和2年折口信夫(しのぶ),柳田国男らと民俗芸術の会を結成し,翌年雑誌「民俗芸術」を創刊した。昭和20年3月29日死去。51歳。東京出身。早大卒。著作に「日本民謡辞典」ほか。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小寺融吉
こでらゆうきち
(1895―1945)

舞踊・民俗芸能研究家。東京生まれ。1918年(大正7)早稲田(わせだ)大学英文科卒業。坪内逍遙(しょうよう)の指導により舞踊研究に入り、22年その序文を得た『近代舞踊史論』を出版。25年より日本青年館における「全国郷土舞踊と民謡大会」を指導し、27年(昭和2)には民俗芸術の会を結成、雑誌『民俗芸術』を発刊して民俗芸能の紹介と研究の道を開いた。40年から早大演劇博物館編の『演劇百科大事典』の編集主任となったが、戦争により中絶した。著書に『芸術としての神楽(かぐら)の研究』『舞踊の美学的研究』『日本民謡辞典』など。[菊池 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小寺融吉の関連キーワード山村らく(初代)中村 伸郎山荘太夫菊池微妙

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android