コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小川市 おがわのいち

3件 の用語解説(小川市の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

小川市【おがわのいち】

古代のの一つで,《日本霊異記(にほんりょういき)》中巻に〈少川市〉,《今昔物語集》巻23には〈小川市〉とみえる。《日本霊異記》によると,三野国(美濃国)方県(かたかた)郡の小川市に三野狐(みののきつね)という大力の女が住み,往き来する商人から物資を強奪していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おがわのいち【小川市】

日本古代の市の一つ。《日本霊異記》中巻4にみえる説話によってその存在が知られる。すなわち,三野(美濃)国片県(かたかた)郡の小川市に三野狐(みののきつね)という大力の女が住み,往還の商人を迫害し物資を強奪していた。一方,尾張国愛智郡片輪(かたわ)里(現,名古屋市中区古渡付近)にすむ道場法師の孫という強力の女はこれを聞き,蛤50斛,熊葛(くまつづら)の練韃(ねりむち)20段を船に積んで小川市にのりつけ,三野狐を打ちこらしめて退散させ,市の人を安心させたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小川市
おがわのいち

日本古代の市。『日本霊異記(にほんりょういき)』中巻第4話によると、美濃(みの)国(岐阜県)片県(かたかた)郡内に存在した市で、8世紀~9世紀前半ごろに尾張(おわり)、美濃地方で展開していた船舶による河川水運網上の要地の一つとして、船舶が往還し商人でにぎわっていたと考えられる。その比定地としては、岐阜市合渡(ごうど)の一日市場(ひといちば)付近と同市黒野の古市場付近の2か所が有力だが、小川市の水運上に占める位置からみて、長良(ながら)川の旧流路沿いの前者、もしくはその近辺とするのが妥当であろう。[栄原永遠男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小川市の言及

【市】より

…これに対して〈餌香市〉〈阿斗桑市〉は,河内の交通の要地に立地した市であるが,河内以外にも《日本書紀》天武1年(672)7月壬子条にみえる近江の〈粟津市〉のごとく各地に市が存在していたとみてよい。 8世紀以降の奈良時代~平安初期においても,上述の市は存在し続けるが,それ以外にも《万葉集》に駿河国の〈安倍市〉,《日本霊異記》に美濃国の〈小川市〉,備後国の〈深津市〉,大和国の〈内(宇智)の市〉,紀伊国の〈市〉などが見える。このほか《風土記》にも商人の集まる場所が見えるから,各地に小規模な市が数多く存在したのであろう。…

※「小川市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小川市の関連情報