コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小幡欣治 おばた きんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡欣治 おばた-きんじ

1928-2011 昭和後期-平成時代の劇作家,演出家。
昭和3年6月12日生まれ。「蟻部隊」でデビューし,昭和31年「畸型児」で「新劇」戯曲賞。商業演劇にうつり,40年東宝専属となる。「隣人戦争」や「恍惚(こうこつ)の人」(有吉佐和子原作)の脚色で評価をえた。平成19年朝日舞台芸術賞特別賞,読売演劇大賞芸術栄誉賞。22年「神戸北ホテル」で鶴屋南北戯曲賞。平成23年2月17日死去。82歳。東京出身。京橋化学工業卒。著作に「小幡欣治戯曲集」。
【格言など】ちっぽけな虚栄が,往々にして人間の一生を破滅させる大きな力になる事もある(「畸型児」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

小幡欣治【おばたきんじ】

劇作家,演出家。東京都台東区出身。旧制京橋化学工業学校卒業。1956年,《畸型児》で新劇戯曲賞(現岸田国士戯曲賞)受賞。65年,東宝の専属となり,舞台の劇作,演出で,《恍惚の人》(原作,有吉佐和子)《あかさたな》《三婆》(原作,有吉佐和子)など娯楽性に富んだ東宝現代劇の数々の話題作を手がけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

小幡欣治の関連キーワード6月12日元禄太平記民芸

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小幡欣治の関連情報