小幡欣治(読み)おばた きんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡欣治 おばた-きんじ

1928-2011 昭和後期-平成時代の劇作家,演出家。
昭和3年6月12日生まれ。「蟻部隊」でデビューし,昭和31年「畸型児」で「新劇」戯曲賞。商業演劇にうつり,40年東宝専属となる。「隣人戦争」や「恍惚(こうこつ)の人」(有吉佐和子原作)の脚色で評価をえた。平成19年朝日舞台芸術賞特別賞,読売演劇大賞芸術栄誉賞。22年「神戸北ホテル」で鶴屋南北戯曲賞。平成23年2月17日死去。82歳。東京出身。京橋化学工業卒。著作に「小幡欣治戯曲集」。
【格言など】ちっぽけな虚栄が,往々にして人間の一生を破滅させる大きな力になる事もある(「畸型児」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

小幡欣治【おばたきんじ】

劇作家,演出家。東京都台東区出身。旧制京橋化学工業学校卒業。1956年,《畸型児》で新劇戯曲賞(現岸田国士戯曲賞)受賞。65年,東宝の専属となり,舞台の劇作,演出で,《恍惚の人》(原作,有吉佐和子)《あかさたな》《三婆》(原作,有吉佐和子)など娯楽性に富んだ東宝現代劇の数々の話題作を手がけた。晩年は活動の中心を劇団民芸に移し,《熊楠の家》《坐漁荘の人々》《浅草物語》《神戸北ホテル》などを発表した。朝日舞台芸術賞特別賞,読売演劇大賞芸術栄誉賞,鶴屋南北戯曲賞などを受賞。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android