コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小幡藩 おばたはん

2件 の用語解説(小幡藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小幡藩
おばたはん

江戸時代,上野国 (群馬県) 甘楽 (かんら) 郡小幡地方を領有した譜代小藩。天正 18 (1590) 年奥平氏が3万石を領して以来,水野氏1万石,永井氏1万 7000石,織田氏2万石を経て,明和4 (1767) 年松平 (奥平) 忠恒が2万石で入封。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小幡藩
おばたはん

上野(こうずけ)国甘楽(かんら)郡小幡(群馬県甘楽町)周辺を領した譜代(ふだい)藩。1590年(天正18)徳川家康の家臣奥平信昌(おくだいらのぶまさ)が小幡周辺3万石を領し、宮崎城主(富岡市)となったのが当藩の興りとされている。1601年(慶長6)信昌が美濃加納(みのかのう)(岐阜市)に移封後、16年(元和2)以前に織田信長の二男信雄(のぶかつ)の嫡流信良(のぶよし)が2万石ながら准国主の格式で入封。以後7代にわたり在封したが、1767年(明和4)信邦(のぶくに)は山県大弐(やまがただいに)の明和(めいわ)事件に連座して蟄居(ちっきょ)となり、家督を継いだ信浮(のぶちか)は並(なみ)の家格に落とされ、出羽高畠(でわたかはた)(山形県東置賜(おきたま)郡高畠町)に移封された。かわって上野上里見(かみさとみ)(群馬県高崎市)から松平(奥平)忠恒(ただつね)が2万石で入封、1871年(明治4)の廃藩まで4代、1世紀にわたり在封した。なお1848年(嘉永1)忠恵(ただしげ)の代に、若年寄としての功労により、城主格を与えられた。廃藩後小幡県となり、群馬県、熊谷(くまがい)県を経て76年再置の群馬県に編入された。[井上定幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小幡藩の関連キーワード群馬県甘楽郡甘楽町天引群馬県甘楽郡甘楽町上野群馬県甘楽郡甘楽町小川群馬県甘楽郡甘楽町小幡群馬県甘楽郡甘楽町金井群馬県甘楽郡群馬県甘楽郡甘楽町国峰群馬県甘楽郡甘楽町白倉群馬県甘楽郡甘楽町轟群馬県甘楽郡甘楽町福島

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone