小幡重一(読み)おばた じゅういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小幡重一 おばた-じゅういち

1888-1947 大正-昭和時代の物理学者。
明治21年4月24日生まれ。大正10年母校東京帝大に新設された航空研究所の教授となる。航空機によって生ずる音の測定,分析をおこない,また,日本語音声三味線音色なども研究した。昭和22年9月15日死去。60歳。東京出身。著作に「実験音響学」「音の映像」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android