コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越中島 えっちゅうじま

デジタル大辞泉の解説

えっちゅう‐じま〔ヱツチユウ‐〕【越中島】

東京都江東区南西部の地名。明治8年(1875)日本最初の商船学校(のちの東京商船大学)が設置された。名は榊原越中守の別邸があったことによる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越中島
えっちゅうじま

東京都江東(こうとう)区西部の一地区。隅田(すみだ)川河口左岸に位置し、佃島(つくだじま)、晴海(はるみ)、豊洲(とよす)に相対している。古くは河口にできた州で、小さい島の形をしていた。江戸初期、榊原越中守(さかきばらえっちゅうのかみ)の別邸があったのが地名の由来と伝えられる。江戸末期、幕府が最初にフランスから軍人を招いた洋式調練発祥の地で、調練橋公園はその名残(なごり)をとどめたものである。1875年(明治8)日本最初の商船学校(のち東京商船大学。現、東京海洋大学)が置かれ、越中島の名はその代名詞として全国に知られた。また、のちに陸軍糧秣廠(りょうまつしょう)も設置された。
 第二次世界大戦後、一時アメリカ軍が商船学校に駐屯したが、返還後、商船大学となり、糧秣廠は現在の防衛省、海上保安庁などの最初の庁舎として利用された。[菊池万雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

越中島の関連キーワード東京都江東区越中島服部 卓四郎東京都江東区水産研究所小幡 重一総武本線木内 輝東日印刷クリオンヤマタネ講武所新地

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

越中島の関連情報