コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林久三 コバヤシキュウゾウ

3件 の用語解説(小林久三の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こばやし‐きゅうぞう〔‐キウザウ〕【小林久三】

[1935~2006]推理作家。茨城の生まれ。本名、久三(ひさみ)。映画プロデューサーを務めるかたわら小説を書き始め、足尾銅山鉱毒事件を舞台とした「暗黒告知」で江戸川乱歩賞を受賞。本格的な作家生活に入る。他に「錆(さ)びた炎」「皇帝のいない八月」「父と子の炎」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林久三 こばやし-きゅうぞう

1935-2006 昭和後期-平成時代の推理作家。
昭和10年11月15日生まれ。松竹大船撮影所にはいり,助監督をへてプロデューサーとなる。昭和49年足尾鉱毒事件をあつかった「暗黒告知」で江戸川乱歩賞をうけ,作家生活にはいる。「皇帝のいない八月」「錆びた炎」など,社会性のあるテーマを追う作品がおおい。平成18年9月1日死去。70歳。茨城県出身。東北大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林久三
こばやしきゅうぞう
(1935―2006)

推理作家。本名久三(ひさみ)。茨城県生まれ。東北大学文学部卒業。松竹映画の助監督を経てプロデューサーとなる。1970年(昭和45)から作品の発表を始め、『推理界』に「零号試写室」(1970)を発表。72年には、冬木鋭介名による「腐蝕色彩」が小説サンデー毎日新人賞を受賞。74年、足尾銅山の鉱毒事件を舞台にした密室殺人を描く『暗黒告知』で江戸川乱歩賞を受賞した。映画界の内幕に取材した『裂けた箱船』(1976)、血友病患者の誘拐(ゆうかい)を扱った『錆(さ)びた炎』(1977)、自衛隊のクーデター事件を描く『皇帝のいない八月』(1978。山本薩夫監督で映画化)、3億円事件を題材にとった『父と子の炎』(1981。角川小説賞)、松竹大船撮影所時代のことを書いたエッセイ『雨の日の動物園』(1981。キネマ旬報読者賞)など、意欲的作品を発表する。1990年代以降は、『風と雲の伝説――私説太閤(たいこう)記』(1991)、『異説の日本史』(1995)、『竜馬暗殺』(1996)、『天下統一の闇史(やみし)――秀吉・信長・家康』(1997)、『「戦国史」謎解き読本』(2000)など、歴史ミステリーに精力的に取り組んだ。[厚木 淳]
『「零号試写室」「腐蝕色彩」(『蒼ざめた斜塔』所収・1974・毎日新聞社) ▽『暗黒告知』(1974・講談社) ▽『裂けた箱舟』(1976・角川書店) ▽『錆びた炎』(1977・角川書店) ▽『皇帝のいない八月』(1978・講談社) ▽『父と子の炎』(1981・角川書店) ▽『雨の日の動物園』(1984・キネマ旬報社) ▽『風と雲の伝説――私説太閤記』(1991・光風社出版) ▽『義経の首』(1993・光風社出版) ▽『異説の日本史』(1995・世界文化社) ▽『竜馬暗殺――捜査報告書』(1996・光風社出版) ▽『天下統一の闇史――秀吉・信長・家康』(1997・青春出版社) ▽『「戦国史」謎解き読本』(2000・青春出版社) ▽佐野洋著『推理日記』2・3(講談社文庫) ▽「日刊ゲンダイ」編集部編『私のヰタ・セクスアリス(1)――衝撃のインタビュー』(河出文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林久三の関連キーワード金子卓義杵屋正次郎(6代)木下実酒井シヅ佐久間一柴田鋼造白土吾夫須田立雄正森成二渡辺信三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林久三の関連情報