コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智異山 ちいさん

4件 の用語解説(智異山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

智異山
ちいさん

「チリ (智異) 山」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

智異山【ちいさん】

韓国,慶尚南道の西部にあり,小白山脈最高峰,標高1915m。朝鮮の霊山の一つで,山岳信仰の拠点となった。山中や山麓には,韓国三大寺院の一つ華厳寺など仏教寺院が多い。
→関連項目慶尚南道南原

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちいさん【智異山 Chiri‐san】

朝鮮半島南部の小白山脈中の主峰。標高1915mで,韓国の半島部の最高峰。山体が雄大で,広大な傾斜面一帯は原生林がうっそうと茂った森林地帯となっている。金剛山,漢拏(かんな)山とともに三神山の一つとされ,山麓には華厳寺,双渓寺,実相寺など多数の寺院が建立されている。多数の奥深い渓谷が絶好の隠れ家を提供しており,古くから政治的,社会的被抑圧者の国内亡命地とされてきた。日本植民地時代には,反日ゲリラ闘争の根拠地あるいは戦争非協力者の逃亡地となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

智異山
ちいさん / チリサン

韓国(大韓民国)、慶尚南道の咸陽(かんよう)郡と山清郡、全羅北道の南原市と全羅南道の求礼郡に接する所にある高さ1915メートルの山。小白山脈の最高峰で、嶺南(れいなん)地方の洛東江(らくとうこう)、湖南地方の蟾津(せんしん)江の分水嶺となり、古くから金剛山、漢拏(かんだ)山とともに三神山の一つとして知られている。雄大な山容をなし、南西の老姑壇(ろうこだん)(1507メートル)に至る広大な天然林は植物学や林学の研究対象としてソウル大学の演習林になっている。山の中には馬川洞、嶽陽(がくよう)洞、花開洞、霊源洞などの村落があって、それぞれ大きな寺をもつ。西の泉隠寺、華厳(けごん)寺、南の神興寺、双渓(そうけい)寺、北の法華寺、実相寺などである。また龍渭潭(りゅういたん)、青鶴(せいかく)洞は泉石が美しく、引月駅は李朝(りちょう)の太祖李成桂(せいけい)が倭寇(わこう)を討伐したときの荒山大勝の地として有名である。山頂の天王堂には山神の智異聖母が祀(まつ)られている。智異山には国宝、宝物、名勝、史跡、天然記念物などが多く、1967年12月29日、韓国国立公園第1号(智異山国立公園)に指定された。[森 聖雨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

智異山の関連キーワード小白山脈太白山脈朝鮮半島洛東江狼林山脈伽倻山秋風嶺豊臣秀吉の朝鮮出兵慶尚道妙香山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

智異山の関連情報