コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小職/小童 コジョク

デジタル大辞泉の解説

こ‐じょく【小職/小童】

[名]《見習いの弟子の意》
江戸時代、岡場所や町芸者のもとで見習い・雑用をした女児。
子供をいやしめていう語。小わっぱ。
「やい、若い者ども。ここな―めを知ったか」〈浄・孕常盤
[形動ナリ]ちっぽけなさま。僅少なさま。
「―なる金銀に目を懸け」〈仮・浮世物語・一〉

しょう‐しょく〔セウ‐〕【小職】

[名]地位の低い官職。
[代]官職についている人が自分をへりくだっていう語。小官

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうしょく【小職】

[0] ( 名 )
低い官職。
[1] ( 代 )
一人称。官職についている人が自分をへりくだっていう語。 「 -の責任において実施する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android