小官(読み)ショウカン

  • しょうかん セウクヮン
  • しょうかん〔セウクワン〕

デジタル大辞泉の解説

[名]地位の低い官吏。微官。⇔大官
[代]一人称の人代名詞。官吏が自分を謙遜していう語。「小官の不徳の致すところ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 地位の低い官吏。微官。
※史記抄(1477)一一「執鞭之士の、いかなるいやしい馬のさきに鞭を執てはしるほどの小官なりとも求めてせうず」 〔孟子‐公孫丑・上〕
② 官吏が自分をへりくだっていう語。
※落語・龍の都(1899)〈三代目春風亭小柳枝〉「小官(セウクヮン)大命を奉じ、彼(か)の地に到らんは身に余りたる光栄にて候ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android