コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小豆洗い アズキアライ

デジタル大辞泉の解説

あずき‐あらい〔あづきあらひ〕【小豆洗い】

小豆を洗う音をたてる妖怪。川辺に近づくと「小豆とぎましょか、人とって食いましょか、しょきしょき」と声がするという。全国に伝承がみられる。小豆研(と)ぎ。
チャタテムシの別名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小豆洗い あずきあらい

伝承上の妖怪。
夕暮れ時の水辺で小豆をとぐような水音をさせる。小豆とぎともいう。全国各地に言い伝えがある。新潟県では「小豆とごうか 人とって食おか ショキショキ」とうたう。岡山県では大晦日(おおみそか)の夜にだけでるという。老婆の姿をしているともいわれ,正体はムジナやノヅチだとする土地もある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

小豆(あずき)洗い

日本の妖怪。川や井戸などの水辺で小豆を洗うような音をたてるとされる。日本各地に伝承があり、正体は折檻死した小僧や小動物など、さまざまな説が伝えられている。「小豆とぎ」「小豆アゲ」「小豆ごしゃごしゃ」などとも呼ばれる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

小豆洗いの関連キーワード小豆研ぎ茶立虫小豆婆

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小豆洗いの関連情報